名誉教授

名誉教授

新崎 盛暉

研究活動

 沖縄生まれの両親を持ち、東京で生まれたぼくの沖縄との最初の出会いは、1952年4月28日である。この日ぼくが入学した都立高校の校長は、全校の教職員・生徒を校庭に集めて、「今日日本は、めでたく独立しました。万歳を三唱しましょう」といった。この日は沖縄が米軍政下に置かれ続けることが確定した日でもあったのに・・。国民学校三年生のとき敗戦を迎えた愛国少年のぼくは、このとき初めて「日本にとって沖縄とは何か」という問いを突きつけられた。このときからぼくは、この問いを反芻し続け、沖縄問題の解決を実践的課題としてきた。その過程が、研究活動と言えば言える。ぼくの大学の卒業論文のタイトルは、『日本復帰運動の研究―沖縄問題理解のための覚書』という。ぼくの卒論は、スターリンの民族理論まで援用し、「民族とは何か」、「ナショナリズムとは何か」を論じたうえで事例研究として日本復帰運動を取上げるという体裁をとっていた。この事例研究の部分を膨らましたものが、65年に出版した岩波新書『沖縄問題二十年』(中野好夫と共著)である。

ページ