名誉教授

名誉教授

新崎 盛暉

研究活動

 沖縄生まれの両親を持ち、東京で生まれたぼくの沖縄との最初の出会いは、1952年4月28日である。この日ぼくが入学した都立高校の校長は、全校の教職員・生徒を校庭に集めて、「今日日本は、めでたく独立しました。万歳を三唱しましょう」といった。この日は沖縄が米軍政下に置かれ続けることが確定した日でもあったのに・・。国民学校三年生のとき敗戦を迎えた愛国少年のぼくは、このとき初めて「日本にとって沖縄とは何か」という問いを突きつけられた。このときからぼくは、この問いを反芻し続け、沖縄問題の解決を実践的課題としてきた。その過程が、研究活動と言えば言える。ぼくの大学の卒業論文のタイトルは、『日本復帰運動の研究―沖縄問題理解のための覚書』という。ぼくの卒論は、スターリンの民族理論まで援用し、「民族とは何か」、「ナショナリズムとは何か」を論じたうえで事例研究として日本復帰運動を取上げるという体裁をとっていた。この事例研究の部分を膨らましたものが、65年に出版した岩波新書『沖縄問題二十年』(中野好夫と共著)である。

川井 勇

プロフィール

 1947年、東京で生まれる。かすかに東京大空襲の傷跡が残る深川で幼少期を過ごす。私立帝京高校を経て早稲田大学へ。自治会執行部の問題提起を受けた4.28についてのクラス討論で初めて「沖縄」と向き合った。当時学内は沖縄に連帯する立て看板があふれていたし、沖縄はしばしば討論のテーマになった。そして、忘れもしない1971年の暑い夏、ぼくは初めて沖縄の土を踏んだ。カルチャーショック、致命的な「沖縄病」にかかった。その後、沖縄戦後教育史研究の先駆者上沼八郎氏に出会い、そして沖縄、宮古、八重山へと、戦後教育の先達を訪ね歩く旅が始まった。

 大学院を卒業し、私立高校の教員になったが、腕白坊主たちとの「格闘」の日々であった。毎日が楽しかった。何とか満足のいくクラスを作ることができ、彼らを卒業式で送ることになったとき、ぼくも職を辞し、沖縄へ向かった。進路指導で向かい合った腕白坊主たちが、ぼくの背中を押してくれたのかもしれない。船で沖縄に着いたのは、1979年3月22日。沖縄生活が始まった。

ディリープ・チャンドララール

研究活動

 わたしは日本語の美しさ、特にあいさつや敬語などの社会的美の心に魅せられて日本に来た。そして日本語における人間関係の表現を研究し、それを私になじみのある他の言語、つまり英語とスリランカのシンハラ語と比較しようと思った。今まで「社会言語学」の立場から、多言語・多民族社会の諸問題、近代国家の枠組みと言語的マイノリティの関係、民族対立、言語の消滅などの領域にわたって研究を行なってきた。 また、「認知言語学」の観点から言語表現を分析する試みを行なった。人間の認識パターン、発想パターンによって言語表現の多様なパターンが見られる。例えば、「Time is money」は本来何も関係のなかったものを、「価値」という類似性をもって結び付けている表現である。このように認知と言語の関係を見ていく。

田里 修

研究活動

 2001年から4年間「沖縄県における近代法の形成と現代における法的諸問題」2005年から4年間「沖縄近代法の形成と展開」、2009年から4年間「沖縄近代法の構造と歴史的発展」2013年から4年間「近代沖縄の横内家資料の法社会史的研究」というテーマで日本学術振興会から科学研究費をいただいて研究してきた。そこでの私のテーマは琉球・沖縄の土地制度と家族、社会との関係についてである。日本の江戸時代琉球・沖縄では地割が行われていたが、地割は全員に平等に配分され危険分散などのため各地に分散して配布されていた。また男女も平等であったため、女性は男性を頼って生きていたわけではなかった。しかし明治32(1899)年最後の地割が行われ、沖縄にも私的所有権制度が持ち込まれたのである。

教育活動

 学部では「歴史のみかた」「法史学」「法社会学」「日本の歴史」などを担当している。大学院では「沖縄近世史特論」などを担当している。学部のゼミは「問題発見演習」を主に担当しているが、テキストを使って障碍者問題や女子差別撤廃条約などについて、法律と社会はどのように関係しているのか考えてもらうように心がけている。

所属学会

日本農業法学会、比較家族史学会、南島史学会、地方史研究協議会など。

新城 将孝

研究活動

 主に、「会社法」に関する勉強をしています。企業統治は、「企業(会社)は誰のものか」という問いかけから始まりますが、企業不祥事の防止や経営効率の向上等に目を向け勉強しています。細かいところでは、社外取締役は必要かという議論もします。そして、取締役の義務は・・・?取締役の責任は・・・との課題にも取り組みます。もちろん、株式とか、株主の地位についても勉強します。そして、会社をつくるにはどのような手続きを取るべきかも勉強します。会社の決算もどのようにすべきかということも勉強します。会社は株主のものともいわれますが、所有と経営の分離とか、所有と支配の分離とかについても勉強していきます。

奥山 正剛

研究活動

 アメリカ会計学の成立と発展に大きく寄与した学者にW.A.Patonという学者がいる。僕の研究のスタートはこの学者の学説研究ということになろう。もともと経済学者であったことから、経済学を取り入れた独特な会計理論が展開されている点で魅力がある。未だ納得できる成果が出来上がっていないことに忸怩たる想いである。

教育活動

 大学教員として始めて教壇に立ったのがこの沖大で、1980年であった。安良城学長の下、学界希望としての道を歩み始めさせてもらった。一時、本土の大学に席を移したものの、沖縄への思いが募り、戻らせてもらったという奇妙な履歴をもっている。担当している科目は一貫して「会計学」と「簿記」である。資格に関係していることから、受講生あるいはゼミの学生には、これらの資格取得希望者が多く、その指導が僕の教育活動の奥を占めている。

所属学会

日本会計研究学会、日本簿記学会、日本社会関連会計学会

上原 冨二男

研究活動

 沖縄は160余の島からなる島嶼県、島嶼地域である。しま」というと、まずは周囲を水域で囲まれた小さな陸地の島を連想する。しかし,沖縄では「出身地」「ふるさと」につながる「集落」をも意味する。また「しま」は「浦」「里」にも通じる。「島」と「しま」に共通するのは,個性的あるいは地域的特徴を有する広がり、空間ということである。地理学の対象は地域であり、空間であることから「島」および「しま」は地理学の調査研究対象となる。沖縄の島は目崎茂和氏によって高島と低島に分類された。高島は,山地や丘陵の高い地形がある島で、沖縄島は県内のみならず南西諸島のなかで最大の高島である。一方、低島は高い地形がなく、台地や低地が卓越する島である。低島はサンゴ礁が隆起して生まれた島が多く、宮古島は南西諸島中最大の低島である。このように沖縄の島々を地形の特徴に基づいて分類すると、地形や土壌水などに関わる自然環境の特徴がとらえやすくなり、ひいては島の自然と人の暮らしとの関わりについても理解しやすくなる。かかる視点から、島の自然環境や人の暮らしの変化に関わる景観、および先祖から継承されてきた文化財である地名について調査研究を行っている。なお、八重山民謡の小浜節は、小浜島の「島」・「しま」・「風水」・「人」のつながりを歌い上げた、実に地理学的構成をもつ歌といえそうだ。

ページ