客員教授

客員教授

宮城 健蔵

学歴
  • ○1943年
    大里国民学校入学・翌44年8月疎開船
    和浦丸にて宮崎へ疎開(僚船対馬丸悪石島沖にて撃沈さる)、終戦46年帰沖
  • ○1952年
    知念高校入学 高校在学中に両親を失う。その際 恩師から「艱難汝を玉にする」とナポレオン伝を頂く
    地中海の孤島コルシカから身を起こした不世出の英雄ナポレオンの不屈の精神に感動し発奮。勉学とスポーツで 頑張る(陸上競技等選手)
  • ○1957年
    九州大学入学(国費留学) 経済、法律専攻
    時は高度成長期、新幹線開通、東京オリンピック、米国でのケネディ大統領の登場、ダイナミズムと興奮の日々。 将来への期待。自らの青春が日本青春と重なる
職歴
  • ○1965年
    大蔵省入省(保証人 早稲田大学総長 大浜信泉等)
    沖縄復帰特別借置法案作成に参画。明治、大正、昭和と沖縄における諸制度の改正はつまるところ、租税制度の 改正にありと痛感
  • ○1993年

又吉 盛清

研究・教育活動

 私は1974年に初めて台湾の現地調査に入り、沖縄人の台湾植民地体験を沖縄近現代史に位置付け、沖縄人の歴史認識と加害責任を明らかにし、これからの台湾・中国・韓国など東アジアとの善隣友好の関わり方を模索してきた。こうして初めての台湾調査から、13年に皆で現場を探訪するフィールドワークを始めたのである。その後、台湾だけではなく中国東北部(旧満州)、北京、天津、南京、上海と続き、沖縄では本島から宮古、八重山、与那国に入り、最近では「軍都」であった「東京の中の沖縄・台湾・中国・東アジア」の探訪も実施している。

 1990年に沖縄と台湾にかかる調査、研究の成果を拙著『日本植民地下の台湾と沖縄』にまとめた。本著は、この分野の先駆的な研究として、「第11回沖縄タイムス出版文化賞」「第2回法政大学経済学部森嘉兵賞」を受賞したものである。そこで明らかにしたものの一つは、日本社会で「弱者」であり、被害者として差別された沖縄人が、更に植民地下の重層的な差別と収奪構造の中で、加害者に転落し反動性を強めていく非情さである。

真栄里 泰山

研究活動

 自治体職員として、地域史編集、情報公開、政策調整、地域経済や観光政策、平和交流、広域行政などを担当しつつ、基地平和セミナー、沖縄振興計画の自治研究会、自治体学入門講座等、丸ごと南部観光ガイド養成講座の導入はじめ地方分権、道州制問題など、沖縄の平和的自立と自治の確立に関心を持ってきました。グローバル化する経済政治、地球環境、平和的共存のシステム構築が問われている中、沖縄の自治権や平和の構築はますます大きな可能性を持ってきたように思います。

 自治体学は自らの地域に愛着心をもって共同共修する総合学、政策学。市民公開講座など開かれた大学をめざしてきた沖縄大学にふさわしいと思います。

教育活動

 市町村職員研修、市民大学、生涯学習、大学セミを担当しつつ、沖縄戦平和ガイド、歴史ガイドの養成や観光資源開発から高齢者問題、地域資源を活用した地域づくりなどに参加し実践的に学び合っています。常にグローカルな視点で、年齢、学歴、職域を越えて学び続けなければならない時。独特の自然・歴史・文化の再発見再発信、新しい自治のあり方、協働の地域づくり、地域人材・組織開発、国際的な展望ももち学際的に活動していきたいものです。

所属学会

自治体学会(全国運営委員)

久塚 智明

主たる研究領域

地域伝統食の文化・健康価値研究及びそれらのビジネス研究

食品関連の知的連合体の創出及びビジネス化推進

略歴

味の素〓食品研究所長・執行役員、〓コカ・コーラ東京研究開発センター代表取締役社長を経て、〓FBT プランニングを設立、代表取締役社長に就任。岐阜女子大学特別客員教授及び他の大学、大学院にて非常勤講師も併任。

主著(共著)

外食産業21 世紀戦略(日本能率協会)

食と科学技術(ドメス出版)

食卵の科学と機能(アイ・ケイ コーポレーション)他

対外活動

(財)社会経済生産性本部主催の「日本型独創経営を考える会」(座長: 一橋大学大学院 野中郁次郎教授)の経営革新特別委員会委員(2005 年より)。

(財)社会経済生産性本部 リーダシップ・プログラムC のサポータとして、企業の若手幹部の育成プログラムの社外メンターとして就任(2008 年)。

名城 政一郎

 

活動内容

2011年4月より沖縄尚学高等学校付属中学校の校長に就任。

同年沖縄大学客員教授に就任。(担当:グローバルシチズン入門)

著作『子供がやる気になる教育論』PHP研究所(2012)。近藤隆己編・高嶋哲夫監修『ネクスト私学』晃洋書房(2016) 

現職:学校法人尚学学園副理事長・沖縄尚学高校附属中学校長・同高校副校長、尚学院副学院長

仲村 清司

略歴

 東京で書籍・雑誌の編集者を経て、1996年に『沖縄が独立する日』(夏目書房)を出版。

 同年、那覇市に移り住み、その後、エッセイや旅行記などを地元紙などに発表。

 『爆笑、沖縄移住計画』(夏目書房)が単著としてのデビュー作。同作品が2004年に『住まなきゃわからない沖縄』(新潮文庫)に改題された後、テレビ・ラジオ番組、ブログなどを通して、沖縄のポップカルチャーを発信する。

 2000年以降は琉球の大交易時代の足跡、泡盛の源流をたどるため韓国・台湾・タイなどを取材訪問する。

 2003より沖縄大学・人文学部国際コミュニケーション学科の非常勤講師。

 2010年に上梓した『ほんとうは怖い沖縄』(新潮社)は沖縄の精神風土に光を当てた異色の作品として各種メディアに取り上げられた。

 2011年、それまでのライトエッセイから琉球史や沖縄問題の分野に執筆活動の裾野を広げ、新聞紙上で評論活動を開始。現在では戦後沖縄史、土着信仰、基地問題に関する研究活動やトークイベントを展開している。

 2014年には愛猫と野良猫たちの交流を綴った『島猫と歩く那覇スージぐゎー』(双葉社)を発表。同作品は中国での翻訳出版およびコミックエッセイ化が決定している。

高良 勉

研究活動
  1. 1)1978年~2009年
    私は、1978年から定年退職するまで主に県立高校の理科(化学)の教諭を勤めてきた。県立沖縄ろう学校から、泊高校定時制、小禄高校、普天間高校、南風原高校、南部商業高校と歴任してきた。特別支援学校から始まって、定時制高校、全日制高校、職業専門学校と、全ての種類の高等教育機関の現場で教える体験をした。そして、理科教育を行いながら琉球弧の自然環境を研究し、その保護活動について学び実践してきた。
  2. 2)詩人・文学者として
    一方、私は夜の時間を活用して詩・文学を研究し創作・発表してきた。これらの作品は「詩集」や「評論集」として刊行されている。沖縄で詩・文学を創作、研究するためには、その作品の内容や背景となる琉球弧の自然と歴史や文化を深く研究し理解しなければならない。私は、その姿勢で琉球弧の自然や歴史、文化を学んできた。
  3. 3)1997年~2001年

佐久本 嗣男

活動

文部科学大臣スポーツ指導者功労賞受賞 、日本オリンピック委員会強化スタッフコーチ(94~)

全日本空手道連盟ナショナルチームコーチ(08~)、全日本空手道連盟公認8段範士、沖縄県空手道連盟公認9段

戦歴

世界空手道選手権大会個人形優勝3連覇

(第7回1984年オランダ、第8回1986年オーストラリア、第9回1988年エジプト)

ワールドゲームズ個人形優勝2連覇(第2回1985年イギリス、第3回1989年ドイツ)

ワールドカップ個人形優勝2連覇(第2回1986年ハンガリー、第3回1989年ハンガリー)

アジア太平洋空手道選手権個人形優勝3連覇

(第5回1984年日本、第6回1986年マレーシア、第7回1988年インドネシア)

国民体育大会個人形優勝(第40回1985年鳥取県)

全国教職員空手道大会個人形優勝(1982年東京都)

全日本実業団空手道選手権大会個人形優勝(第15回1996年、日本武道館)

※ワールドゲームズ空手部門・形競技において7連覇の偉業を成し遂げており、この記録はギネスブックに認定されている。

小林 武

研究活動

 私は、大学院における研究活動を、憲法訴訟をテーマにしてスタートさせました。憲法訴訟(憲法裁判)の制度は各国で異なりますが、スイスは、アメリカが典型である司法審査制にも、ドイツやオーストリアの大陸型の憲法裁判制にも属さない、独自の憲法訴訟制度をもっており、小国の制度ながら注目すべきものであると、従前から、日本の学界でも認識されていました。ただ、その研究はほとんどなされていませんでした。日本はアメリカ型の司法審査制を採用していますが、その在り方についてより深く追究するためにも、このスイスの制度の特質を解明する必要があると考え、それにとりくんだわけです。法学博士号の学位も、現代スイス憲法の研究で取得しました。

 憲法訴訟とならんで、地方自治についても強い関心をもちました。生まれ、育ち、大学院を修了するまで住んだ京都。そして、南山大学・愛知大学に勤務して住んだ名古屋。こうした地域に脚を踏まえて憲法を考えることは、必然的に、地方自治に目を向けることになります。私の場合、憲法の側からの地方自治法学への接近です。沖縄に移住して、自治・自立の課題を、より強くわがこととして意識しています。

我部 政男

略歴

 我部政男氏は、日本史学(近代日本政治史)を専攻され、琉球大学法文学部及び短期大学部・並びに本学法経学部において日本政治史や政治学の教鞭を執られた後、1991年より山梨学院大学法学部政治行政学科教授(現在は山梨学院大学名誉教授)として日本政治史のほか多くの教科を担当し、また首都圏内(早稲田大学大学院、東京女子大学大学院、日本女子大学大学院、慶応大学、立教大学、法政大学)の多くの大学で講師を勤めました。

 氏は近代日本政治史に関する多くの著作・論文及び史料集等を発表されていますが、琉球処分や沖縄戦など沖縄近現代史に関する著作も多く、この分野での資料の発掘と整理に今後更に精力的に取り組もうとの意向を強くお持ちです。そうした取り組みを進めるに当たり、沖縄大学と協力をしながら進めていきたいとの考えをお持ちで、そのことは「地域に根ざす大学」を基本理念とする本学にとっても、有意義なことだと確信します。

著書

 我部氏は、四十余年にわたる研究者生活において、三十以上もの単編・共編著書、学術論文や史料紹介活動は五十点を超えます。代表的なものだけでも下記のように多くの著作・作品があります。

ページ