客員教授

客員教授

浅野 誠

研究・教育・社会活動1
〈教育学・生活指導〉

 1972年「復帰」直前、パスポートをもって沖縄に来て、最初の勤め先が沖縄大学だ。

 2003年、沖縄大学・琉球大学・中京大学と31年間にわたる大学教員生活に終止符を打って沖縄にもどり、南城市玉城に住む。2004年から沖縄大学客員教授をつとめる。

 この間、主専攻としての教育学、なかでも生活指導分野について多様な追求を行ってきた。それらは40以上の都道府県をまわって展開した小中学校の教師たちとの共同研究の成果でもある。その間の主な著作は、
 『子どもの発達と生活指導の教育内容論』(明治図書1985年)
 『集団づくりの発展的検討』(明治図書1988年)
 『学校を変える 学級を変える』(青木書店1996年)
 『転換期の生活指導』(青木書店1996年)
長年にわたって、日本生活指導学会、日本教育方法学会、全国生活指導研究協議会などの役員を勤めてきた。

ページ