福祉文化学科

福祉文化学科

島村 聡

研究活動

 28年の間、那覇市役所で福祉部門とIT部門、市民文化部門を経験してきました。大半を過ごしてきた福祉事務所では障がい者や高齢者、ホームレスや低所得者対策に関わり、個別対応から福祉計画づくり、ハードの整備までいろいろな場面を経験することができました。

 この間、措置制度から契約制度へという流れがあり、行政において個別支援の技術が大切になると感じ、平成7年に社会福祉士資格を取得しました。介護保険制度や地域包括支援センターの立ち上げ、障害者自立支援法や自立支援協議会の運用、そして地域福祉計画による地域の支え合いづくりに携わり、「権利擁護」という行政の役割の重要性を感じたことで、地域の社会資源づくりに取り組みました。

久貝 興徳

研究活動

 私は、精神障害者の方の生活課題に目を向けた支援を通して、人間としての希望や生きがいを持ちながら成長することについて実践と研究を重ねている。現在、精神障害者のデイケアにおいて、生活課題に目を向けた社会生活技能訓練(SST)をボランティア・スタッフとして行い、利用者の方々ともに成長中である。障害者・健常者の枠を越えた学び、仲間同士の助け合いがもたらす癒しは、大きいと実感している。その他、当事者中心の支援方法として元気回復行動プラン(WRAP)、当事者研究にも関心が広がっている。

 ヒューマンサービスの分野は、実践を伴う。実践も忘れずに、可能な限り、「支援」のプロセスの中に身を置きながら幅広い視点で研究していきたい。その結果をもとに、少しでも悩み、苦しむ方の手助けが出来たらと考えている。

金 蘭姫

研究活動

 人間社会において、人々とのつながりと相互扶助は、人が人間らしく生きるために、保障されるべき最低限度の糧だと思う。人々はそれらの糧をなくすと、どうなるでしょうか?自殺、孤独死、引きこもり、虐待などの選択を余儀なくされます。なぜ「福祉国家」とも呼ばれている人間社会でこのような悲しい出来事が起こるのでしょうか?それは、人々のつながりの希薄化や相互扶助という連帯意識の欠如によると思う。では、人々とのつながりを形成するためにはどうすればよいだろうか。また、どうすれば人々の相互扶助の意識を高揚することができるのだろうか。これらの問題意識をもち、コミュニケーションによる他者理解と、他者に対する自身の存在を現れることができる、地域福祉推進における「公共空間」形成について研究活動を行っている。

教育活動

 現在「社会保障」と「現代社会と福祉」科目を担当しており、少子高齢化という現代社会における医療保障や所得保障の財政的問題など福祉政策と関連して、消費税の引き上げや社会保障・税の一体改革などの政治的動きと合わせて理解できるように、学生の意見を聴くなど、双方向的コミュニケーションを交わしながら、授業を進めている。

所属学会

社会福祉学会、地域福祉学会、社会政策学会

嘉数 健悟

研究活動

 私は,「体育科教育学」と「体育教師教育」という分野を専門としております。「体育科教育学」では,体育授業における「指導と評価の一体化」に向けた学習指導と学習評価の在り方について興味を持って研究を進めています。学校で体育を学習した子どもたちが「何を学び」「何を身に付けたのか」を体育授業の「事実」から検証しています。

 「体育教師教育」では、将来保健体育教師を目指す学生たちが大学在学中に教師として必要な知識や技能などをどのように身に付けたのか、そしてそれは彼らの教師としての成長にどのように影響するのかを研究しています。これらに共通することは,「学校体育の充実」と「保健体育教師の成長」に関係するということです。

 「体育科教育学」と「体育教師教育」は,足で進める学問で教育の事実を多く知ることが必要であり、その基本は授業を観ることであると考えています。沖縄大学は、「地域に根ざす大学」です。そのために,大学での研究だけでなく、学校現場に足を運び少しでも沖縄の教育に貢献できるように力を発揮したいと考えています。

上地 武昭

研究活動

 日本は少子超高齢人口減少社会である。現在約13,000万の人口を有する日本が100年後に100年前の明治維新と同じ人口(約3,000万人)になることが予見されている。しかも、65歳以上の4人に1人が認知症、もしくは予備軍になると厚労省の研究班は予想している。沖縄は離島県であり更に有人の離島を抱えている。沖縄県は全国でも数少ない人口増加県であり、全国が人口減少化に転じている中、沖縄はしばらく人口増加が続くが、離島においては人口減少が進でいる。一方沖縄の市街地域は戦後の復興計画との関連もあり地域組織化が進まず、地域コミュニティの崩壊が進んでおり、そこで起こっているのは孤独死の増加である。スポーツを通して介護保険にお世話にならない健康で元気な高齢者の育成支援をするとともに認知になっても安心して生活できる福祉コミュニティの構築を学生や地域住民と一緒にNPO活動を通して実践研究していきたい。

石原 端子

研究活動

 私は、中学から本格的にスポーツを始めました。中学、高校、大学時代は陸上競技。大学卒業後にはゴルフを始めました。競技での卓越を目指すことは、自分自身の弱さと向き合うことになります。それは楽しみであると同時に苦しみでもありました。スポーツと出会ったことで、ずいぶんいろいろな悩みを抱えることにもなりましたが、しかしその度にたくさんの発見をし、たくさんの人と出会うことが出来ました。振り返るとスポーツは、私自身の人間としての成長にとても大きな影響を与えていると実感しています。私は、この“実感”を研究成果にしていくことを目標にしています。

 今取り組んでいるテーマは、アスリートのパーソナリティとこころの健康との因果関係を明らかにすることです。この研究は、アスリートのストレスマネジメント教育への貢献が期待されています。

教育活動
担当:体育心理学

スポーツコーチング論ほか

 教育目標は、スポーツ科学の知識を備え、かつカウンセリングマインドにあふれたコーチングを行うことができる実践家を育てることです。

ページ