「盛口&喜屋武ゼミ×沖縄テレビ平良アナ」沖縄の課題について話し合う

「盛口&喜屋武ゼミ×沖縄テレビ平良アナ」沖縄の課題について話し合う

2020年6月25日、盛口ゼミと喜屋武ゼミ合同で、沖縄テレビ放送の平良いずみアナウンサーをお招きしての講義が開催されました。

平良いずみアナウンサーが制作し今年2月に公開された映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」。これは石川県から那覇市のフリースクール珊瑚舎スコーレにやってきた坂本菜の花さんを通して見えてくる沖縄の課題について取り上げたドキュメンタリー映画となっています。戦後70年以上たってもつづいている、戦争からはじまった様々な沖縄の課題について、菜の花さんは故郷の新聞コラムに連載をつづけ、県外の人々へ沖縄の課題を伝える活動を行っていたことも紹介されています。

珊瑚舎スコーレで教鞭をとられていた盛口先生の繋がりで実現した今回の講義は、ドキュメンタリー映画のダイジェスト版を視聴し、平良アナウンサーから制作意図や「沖縄の課題を考えることをやめないでほしいと、想いをこめて制作した」ことなどが語られました。学生からは「沖縄の課題、受け流すのでなく、違和感等についてきちんと受け止めていきたい」等の意見が述べられ、自由な意見交換の場となっていました。将来教員を目指す学生たちが沖縄の課題等についてどう考え、伝える側としてどう向き合うのかを考える時間となったようです。