KOOTAと絵をかこう!国コム4年次比嘉康太さん保育園児と交流!

KOOTAと絵をかこう!国コム4年次比嘉康太さん保育園児と交流!

県内でアーティスト活動を行っているKOOTAこと、国際コミュニケーション学科4年次の比嘉康太さんが、7月13日に宜野湾市おひさま保育園で、園児と絵を通しての交流イベントを開催しました。

Flowers Bloom Project(花を咲かせるプロジェクト)と題して開催したこのイベントは、非常事態ともいえる新型コロナウイルス感染拡大中の自粛生活時に、自分自身が今後なにができるのかを比嘉さんが考え、出た答えが『絵を通じて交流ができないか』ということで開催されたものです。比嘉さんのお母さんが保育士をしていることや自身も子供が好きなことから、コロナ感染症が収まったら子供たちと絵をかきたいと企画をし、この日実現しました。

約3時間の制作時間で年長組13名の園児と「動物」をテーマに、ひとつの作品を仕上げることができました。こどもたちは「絵をかくことはとても楽しかった」と笑顔で感想を話し、最後には、比嘉さんへ感謝の手紙も渡してくれました。「先週、新聞に活動の内容を掲載してもらったおかげで、母校の保育園から連絡がありました。新型コロナウイルスの状況等もみながら、今後も保育園児との活動を広げていけたらうれしいです」と比嘉さんは話していました。

(みんなで完成させた作品!クレヨンを使って、削って模様を出すことも園児たち実践していました。)

比嘉さんの活動は沖縄タイムスさん、琉球新報さんも取材にいらしていました。また、沖縄テレビ放送で毎週土曜日お昼11時45分から放送の『RYUGIN GOOD NEWS』にて8月1日に放送予定です。