真栄里 泰山

研究活動

 自治体職員として、地域史編集、情報公開、政策調整、地域経済や観光政策、平和交流、広域行政などを担当しつつ、基地平和セミナー、沖縄振興計画の自治研究会、自治体学入門講座等、丸ごと南部観光ガイド養成講座の導入はじめ地方分権、道州制問題など、沖縄の平和的自立と自治の確立に関心を持ってきました。グローバル化する経済政治、地球環境、平和的共存のシステム構築が問われている中、沖縄の自治権や平和の構築はますます大きな可能性を持ってきたように思います。

 自治体学は自らの地域に愛着心をもって共同共修する総合学、政策学。市民公開講座など開かれた大学をめざしてきた沖縄大学にふさわしいと思います。

教育活動

 市町村職員研修、市民大学、生涯学習、大学セミを担当しつつ、沖縄戦平和ガイド、歴史ガイドの養成や観光資源開発から高齢者問題、地域資源を活用した地域づくりなどに参加し実践的に学び合っています。常にグローカルな視点で、年齢、学歴、職域を越えて学び続けなければならない時。独特の自然・歴史・文化の再発見再発信、新しい自治のあり方、協働の地域づくり、地域人材・組織開発、国際的な展望ももち学際的に活動していきたいものです。

所属学会

自治体学会(全国運営委員)

学外活動

沖縄県憲法普及協議会理事

自治体学会沖縄地域フォーラム

一般社団法人那覇大綱挽保存会相談役

沖縄なんぶガイドネット常務理事

沖縄県高齢者生活協同組副理事長

日本風景街道南部風景街道パートナーシップ代表

著作・論文

「那覇市史通史編2近代史」・「戦後新聞集成1」 編集担当  那覇市

「沖縄戦と平和教育」沖縄県教職員組合那覇支部  共著

「沖縄戦と教育」 沖縄県高教組教育文化センター 共著

「沖縄の慟哭(那覇市民の戦時戦後体験記)」編集担当 那覇市(沖縄タイムス出版文化賞)

「歴史ドキュメント・写真集・那覇百年の歩み」 編集担当 那覇市

「日本の空襲9沖縄」 編集担当 三省堂 (毎日出版文化賞)

「建設論壇」①1995年度 沖縄建設新聞 共著

「那覇大綱挽30年記念誌」那覇大綱挽保存会 編集副委員長

「戦後をたどる」那覇市史第3巻通史編改題 那覇市 共著

所属: 
氏名: 
真栄里 泰山
氏名アルファベット: 
MAEZATO Taizan
写真: 
主な担当科目等: 
情報法、地方行政論、自治学、地域政策
専攻: 
情報法、地方行政論、自治学、地域政策
最終学歴: 
中央大学法学部法律学科
モットー: 
深く掘れ 己の胸中の泉  余所たゆて水や汲まぬごとに(伊波普猷)
学位: 
中央大学法学部法律学科
生年等: 
1944年生