【空手道部】全日本学生空手道選手権出場権を獲得した又吉佑紀、玉城大護、学長へ報告

【空手道部】全日本学生空手道選手権出場権を獲得した又吉佑紀、玉城大護、学長へ報告

3 June 2016

第57回全九州学生空手道選手権大会が5月15日(日)に北九州市立大学体育館で開催され、又吉佑紀(福祉文化学科健康スポーツ福祉専攻3年)が男子個人形で優勝、玉城大護(同学科同専攻2年)が男子個人組手でベスト16と健闘しました。

 

今回の大会には九州の大学23校がエントリーしており、個人別の大会としては全日本学生空手道選手権につながる重要な大会でした。

 

そして7月に開催される第60回全日本学生空手道選手権(大阪市立中央体育館)への出場権を、2人は見事に手にしました。

 

5月31日(火)、大会結果を仲地博学長に報告する又吉佑紀(左)と玉城大護(右)

 

 

 

        

              九州大会では、1年次で3位、2年次で2位と、

              結果としては上がってきていたので、今年は

              何としてでも優勝という  のが自分の中にあ

        りました。

              その中で自分に足りないものを考えながら、

              コーチの下地先輩や部員のみんなと一緒に

              練習してきました。それが今回、結果に出

        せたと思います。

              7月の全国大会では、去年は予選5位とあと

              一歩で負けてしまったので、今年は1位通過

              を狙い、決勝トーナメントに行きたいです。

              今年は勝負の年だと思っているので、優勝を

              頭の中に入れ、だけど一戦一戦目の前の試合

              を大事にやっていきたいと思います。

                                                 <又吉佑紀 談>

 

 

 

             

               去年は判定で悔しい思いをしたので、今回は

               絶対結果を残したいと望みました。これまで

               自分は「待つ」タイプでしたが、今回は、言

               葉は悪いですが「殴り勝つ」くらいの組手を

               しようと、気持ちの面で自分のゾーンに入れ

               たと思います。

               全国大会に行ったら、相手の胸には強い大

               学の名前が書いてあると思いますが、そうい

               うのは気にならないので、一試合ごとをいい

               経験にしたいです。しっかり上を目指しなが

               ら、練習では相手を一撃で倒せる突き、蹴り

               を、そしてフィジカルを鍛えて臨みたいと思

               います。

                                                   <玉城大護 談>

 

                                                               

                 

               

    練習では、自分たちに足りないもの

            を見つけて、それを補う努力をしっ

            かりやりなさいと言っていますが、

    彼らはそれを1年次から実践してき

    て、こうして結果を残しているのは

    他の部員の頑張りになる。

            次は九州代表として全国大会に行く

    わけですが、自分のいいところをし

    っかり出して勝負してほしい。

                  <下地英作ヘッドコーチ 談>

 

 

 

 

最後に、仲地学長から「賀数総監督から、かつての沖大空手道部が成した6年連続日本一という記録は破られていないというお話がありました。再び沖縄大学が、今度は6年連続日本一を破る新記録を作るような部に育っていただければと、下地コーチのご尽力にも感謝して、期待をしたいと思います。大変うれしい話をもってきてくれてありがとうございます。これをプレッシャーと感じずに楽しくやってください」と空手部の前途に期待を込めた声援が送られました。

 

      

       下地英作 空手道部ヘッドコーチ(琉球武術研究同友会 下地空手道場館長)、

       賀数淳 空手道部総監督(糸満市消防本部消防長)、玉城大護、又吉佑紀、

       仲地博 学長、山代寛 学生部長 (右から)