ご挨拶

ご挨拶

沖縄大学理事長 長濱正弘
「地域共創・未来共創の大学へ」
沖縄の次代を担う若者たちのために、
ご支援のお願い。

沖縄大学は、1958年に沖縄短期大学として発足し、1961年には沖縄初の4年制の私立大学として琉球政府の認可を得ました。1972年の本土復帰に際しては、文部省(当時)より国際大学との合併の方針が示されましたが、沖縄大学は自主独立の道を選び、1974年に文部省の認可を得ました。

長く困難な道を乗り越え、1978年には「地域に根ざし、地域に学び、地域と共に生きる、開かれた大学」の理念を打ち出し、新生沖縄大学として再出発しました。創立50周年の2008 年には、沖縄の未来を地域と共に創ることが、沖縄大学の未来をも切り拓いていくという「新沖縄大学宣言」を行い、「地域共創・未来共創の大学へ」という新たな理念を表明しました。

沖縄大学は創設以来、すでに2万5千人余の卒業生を沖縄社会に送り出し、地域の発展を担う有為な人材の育成に努めてまいりました。今現在も、国場のキャンパスでは約2,000名の学生が日々勉学に励み、実りある学生生活を送っております。来る2018年6月10日には創立60周年の節目を迎えます。

沖縄大学はこれからも、沖縄県の人材育成の為に全力を尽くして参る所存であり、記念すべき創立60周年を迎えるにあたり、大学、評議員会、後援会そして同窓会が一体となって、就学環境の整備に取り組んでいるところです。そのために必要な経費の捻出には、申すまでもなく、自助努力に心血を注ぐ決意でありますが、あわせて多くの方々にもご支援をお願いしているところです。

つきましては、出費多端な折柄、誠に恐縮ではございますが、創立60周年記念事業の趣旨と内容にご理解を頂き、募金へのご支援、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2017年4月

  • 沖縄大学理事長 長濱正弘
  • 沖縄大学学長 仲地博
  • 沖縄大学評議会議長 喜納憲利
  • 沖縄大学後援会会長 嘉数昇明
  • 沖縄大学同窓会会長 金城正弘