沖縄大学

  • ID
  • Password

公開講座(土曜教養講座、移動市民大学、セミナー)


【12/19開催】第471回土曜教養講座(日曜版)のお知らせ

更新日:2010年11月30日

第471回沖縄大学土曜教養講座(日曜版)のお知らせ

沖縄は、厳しい現実を前にして、民主主義への灯を絶やさぬよう努力を続けている島です。
このたび、「ジャパン・フォーカス」(ガバン・マコーマック氏ら)の呼びかけに賛同し、
①COP10、②「尖閣諸島問題」、③知事選の3大局面にゆれる沖縄の現状を沖縄の市民の視点で捉え、
次なるステップをどう踏み出すかを問う公開討論会を開催することになりました。
どうか、万障お繰り合わせの上ご参加下さい。

◆タイトル Japan Focus/沖縄大学地域研究所フォーラム
「沖縄はどこへ向かうのか」

◆日時 12月19日(日)10時〜17時

◆会場 沖縄大学 3号館101教室

◆内容 
セッションⅠ 10時〜 COP10以後の沖縄:「生物多様性」に市民はどう取り組むのか
〔キーワード〕環境・生物多様性をめぐる連携と乖離(沖縄、本土)、国際社会への関わり
〔パネリスト〕桜井国俊(沖縄大)、河村雅美(沖縄BD)、吉川秀樹 (沖縄BD)

セッションⅡ 13時〜 「9.7」以後の沖縄:「尖閣諸島問題」を沖縄から問い直す
〔キーワード〕「国家間対立化」という問題、民衆交流によるアジアとの共生
〔パネリスト〕新崎盛暉(沖縄大)、ガバン・マッコーマック(オーストラリア国立大学)、若林千代(沖縄大)

セッションⅢ 15時〜 11.28以後の沖縄:知事選後の沖縄はどこへ向かうのか
〔キーワード〕日米沖の関係 - 普天間、辺野古、グアム、脱基地と沖縄の自治と自立
〔パネリスト〕佐藤学(沖縄国際大)、島袋純(琉球大学)、宮城康博(元名護市議)

◆主催 ジャパン フォーカス/沖縄大学地域研究所

◆協力 沖縄・生物多様性市民ネットワーク/Peace Philosophy Centre

※聴講無料、事前申込不要。


<問い合せ先>
  沖縄大学地域研究所
    電 話:098-832-5599
    e-mail:chiken@okinawa-u.ac.jp

※チラシを更新しました。
前回のチラシには、吉田健正氏のお名前が入っておりましたが、
当日、パネリストとしての 登壇はありません。
お詫びし、訂正いたしました。