ゼミ紹介(こども文化学科)

ゼミ紹介

こども文化学科の特徴的なゼミをピックアップ

池間ゼミ

人の育ちの場である学校を将来の職業の選択肢としてもっているメンバーの集まりであることから、テーマを「自分を知る」とし、コミュニケーション能力に視点をあてる。

毎回、課題に取り組み、課題解決をしていく際にどのような心的変化があるかを細かに観察・記録しそれを集計・分析することで、見えてくるものは?

ゼミの写真

ゼミ担当者の写真

教授  池間 生子

担当科目:専門演習

〈プロフィール〉

出身地/宮古島市平良

最終学歴/宮崎女子短期大学

お勧めの本/「進化しすぎた脳」池谷裕二著

このゼミを選んだ理由は?

私は来年度、小学校現場に教師としてこどもたちに携わっていくため、学校現場に活かせる、学級経営について卒論を書きたいと思い池間ゼミにしました。池間先生は前年度まで小学校の学校現場に携わっていた先生なので、児童との関わり方や学級経営など先生の体験から、こどもたちの心の動きや教師としてどんな指導ができるか学べます。そこに魅力を感じ池間ゼミを選びました。

門口 早也香 こども文化学科4年次 コザ高等学校出身

受講生の写真

宮島ゼミ

様々な人々が生きづらさを抱えているといわれますが、特に子どもや若者の生活状況について学びながら、そこで教育が果たす役割について考えています。昨年は若者支援施設や米軍基地に隣接する学校を訪れ、その実態を丁寧に学びました。学生たちが周囲の問題に具体的に触れながら、子ども・若者への理解を深めてくれることを期待しています。

ゼミの写真

ゼミ担当者の写真

講師  宮島 基

担当科目:専門演習

〈プロフィール〉

出身地/東京都

最終学歴/首都大学東京大学院

お勧めの本/山﨑隆夫『希望を生みだす教室』、
中川ひろたか・文/村上康成・絵『おおきくなるっていうことは』

このゼミを選んだ理由は?

小学校の教員を目指す私たちは、子どもを取りまく様々な問題や子どもたちのニーズを把握しなくてはなりません。宮島ゼミでは、子どもを取りまく様々な教育問題に対し、宮島先生を含め全員でディスカッションをして思考を深めたり、視野を広げることができるためこのゼミを選びました。宮島先生がとてもフレンドリーで、ゼミ内の雰囲気がよく、去年に引き続き2年目のゼミですが、今年もまた充実したゼミになっています。

神谷 涼香 こども文化学科4年次 那覇高等学校出身

受講生の写真