在学生の声(法経学科)

在学生の写真1

河野 咲[那覇高等学校出身]

ファイナンシャル・プランニング
技能検定(FP)3級合格

講義でFPについて聞いたことがきっかけで取得しようと思いました。FPは金融や税金、不動産など幅広い知識を必要とします。法律・経済・経営の幅広い分野を学ぶ法経学科の学生にとって、力試しになる資格です。私は、大学の講座を受講し、休日には過去問を解くなどして合格することができました。現在は、2級の1次試験に合格し、2次試験に向けて勉強中です。

在学生の写真2

天久 雄仁[宜野湾高等学校出身]

行政書士 取得

私は将来、司法書士、行政書士になる事を目標に勉学に励んでいます。司法書士と行政書士の業務はよく重なるため、両方の資格を持っていると業務の幅を広げることができるので、行政書士の資格取得を目指しました。将来は行政書士、司法書士の資格を生かして独立開業をすることを目標にしています。

在学生の写真2

小檜山 亮[郡山萌世高等学校出身
(福島県)]

宅地建物取引主任者(宅建)取得

宅建受験のきっかけは、将来、不動産業界で活躍したいと思ったからです。宅建があれば、重要事項の説明等、責任ある事務を行うことができます。私の場合、基本的には独学で、約半年間、1日2~3時間ほど勉強し、合格することができました。宅建合格を経て自分に大きな自信を持つことができ、より充実した大学生活を送っています。

在学生の写真2

田場 愛佳[コザ高等学校出身]

〈カリキュラム選択に気をつけたこと〉

先に決められている必修科目以外の選択科目は、授業目的や授業内容を読んで興味があるものを選びました。また、部活やアルバイトの時間が講義にかぶらないように時間を調整しながら決めました。

〈大学生活について〉

これから、たくさん勉強して、色々な職業を知りながら、早めに目標を見つけて努力したいと思います。自分のやりたい事や向いているなと思うものにはどんどん挑戦していきたいです。

在学生の写真2

具志堅 優太[那覇高等学校出身]

〈大学生活について〉

大学は何も行動を起こさなければもったいない。何も始まらない。サークル、学内行事、イベントでも自ら、一歩踏み出せば、そこには新しい世界が広がります。私は入学してすぐに「法学サークル」に入り、多くの仲間、友達ができました。学校行事、イベント、3年次は「~長」という役職に3つ任命されました。そして何より、教職は他学科の人と関わる機会をつくってくれました。何かとバタバタした生活ですが、私は「リア充」こそが大学生活だと思います!よくばりぐらいがちょうどいい!!

〈将来の夢〉

法律と経済、経営を学び、宅建とFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得したいです。そして、教員免許を取り、将来は教師もしくは、学校関係の仕事に就いて働くことを目指しています。