石川 公彦

教員紹介

法経学部法経学科

石川 公彦 (ISHIKAWA Kimihiko)

所 属法経学部 法経学科
専 攻日本的経営論、人的資源管理論、労使関係論、まちづくり
生年等東京生まれ、東京育ち。 広島生活を経て、沖縄暮らし。
学位(発行機関)博士(経営学)(明治大学大学院)
モットーよく食べ、よく寝て、よく笑う。 そして、たまに考える。
研究活動
私はこれまで、企業やその他の組織において、人と人とが取り結ぶ関係性や綾を分析し、それらが有する意味や価値を研究してきました。それはお金儲けの技術を直接的に追究するものではありません。お金儲けの技術は、日々、営利企業の現場で開発され、試みられ、磨かれていますが、それ以外の技術は副次的なものとされ、ともすると忘れられる傾向にあります。
一方、大学というところは、お金儲け以外の「意味」を第一にすくい上げ、その「価値」を示すことができる数少ない研究機関の1つです。それゆえ、大学人としての私は、単なるお金儲けにとどまらない意味や価値にもこだわって、人と人との関係性や綾の分析に取り組んでいます。
 
教育活動
教育というと、上から下へと教え込むもの、1つの方向へ導くものというイメージを抱きがちですが、わたしはそのような立場を好みません。学生のみなさんとともに、教え、教えられる関係を築きつつ、刺激的なシーンをたくさん作ることができればと思っています。実践的にも、理論的にも感動体験を共有して、その意味と価値を問いましょう。
 
所属学会
日本経営学会、社会政策学会、日本労務学会、労務理論学会、日本労働社会学会
 
著作・論文
『ラーニング・リーダーシップ入門―ダイバーシティで人と組織を伸ばす』日本経済新聞出版社、2011年(共著)
『ケースで学ぶまちづくり―協働による活性化への挑戦』創成社、2010年(共編著)
『部下育成とリーダーシップ(現代経営講座「新任管理者のための部下育成コース」テキストブック・第3単元)』社団法人日本経営協会、2009年(共著)
『目標達成と問題解決(現代経営講座「新任管理者のための部下育成コース」テキストブック・第2単元)』社団法人日本経営協会、2009年(共著)
『部下育成の知識(現代経営講座「新任管理者のための部下育成コース」テキストブック・第1単元)』社団法人日本経営協会、2009年(共著)
「小特集に寄せて:CSR経営とグローバル枠組み協定の締結にみる日本企業の変化と可能性」『社会政策』第8巻第1号、ミネルヴァ書房、2016年(単著)
「非正規労働者の組織化における主体とリーダーシップの複線化―旧イオンリテール労働組合の事例から」『労働法律旬報』第1831+32号、旬報社、2015年(単著)
「経済社会を創造するまちづくりの論理」『一橋ビジネスレビュー』61 巻2 号、東洋経済新報社、2013年(単著)
「労働争議と職場秩序の研究」博士学位論文、明治大学、2006年(単著) など