ゼミ紹介(福祉文化学科)

ゼミ紹介

福祉文化学科の特徴的なゼミをピックアップ

富樫ゼミ

ソーシャルワーカー個人の人間観や問題の捉え方は、利用者さんの援助に影響を与えます。そこで、ゼミでは、偏った援助にならないように人間観や問題の捉え方を再考する学習を行っています。

ゼミの写真

ゼミ担当者の写真

教授  富樫 八郎

担当科目:専門演習

〈プロフィール〉

出身地/山形県

最終学歴/日本福祉大学・筑波大学大学院

お勧めの映画/映画「心病む母が遺してくれたもの」「やかまし村の子どもたち」

このゼミを選んだ理由は?

私は、将来ソーシャルワーカーとして働きたいと考えています。富樫先生のゼミでは、ソーシャルワークの価値・倫理などを勉強するということで、このゼミを選びました。また、私はレポート作成が苦手なのですが、このゼミでは、レポート作成・発表の機会が多いということなので、このゼミを通して、苦手を少しでも克服したいと思っています。

末吉 空見子 福祉文化学科3年次 コザ高等学校出身

受講生の写真

嘉数ゼミ

私のゼミでは、主に学校体育やスポーツの指導者としての実践的指導力の育成を目指しています。そのために,3年次の段階において体育やスポーツの指導に必要な基礎的な知識や技能を身に付けることを目指しています。また,4年次では、3年次に身に付けた知識や技能を生かしながら、それらを科学的にまとめるための「卒業論文」の作成も行います。

ゼミの写真

ゼミ担当者の写真

准教授  嘉数 健悟

担当科目:専門演習

〈プロフィール〉

出身地/ 南風原町

最終学歴/ 広島大学大学院教育学研究科 博士課程後期修了 博士(学士)

お勧めの本/ 日本人にしかできない「気づかい」の習慣

このゼミを選んだ理由は?

私は高校の保健体育教師になることを目標としています。そのため私たちの教職を担当してくださっている嘉数先生のゼミを希望しました。嘉数先生は私たち学生に対して、非常に親身に対応してくれます。また、保健体育についての現場の情報や、指導案の書き方、これからの進路など、様々なサポートをしてくださります。また、教職を履修している友人が多くこのゼミを希望している、というのも選んだきっかけになりました。

仲村 兼太 福祉文化学科3年次 興南高等学校出身

受講生の写真