専任教員(助教)の公募【相談援助実習指導】

2017年・お知らせ

一覧へ戻る

2017.06.28

専任教員(助教)の公募【相談援助実習指導】

このたび沖縄大学人文学部福祉文化学科では、下記のとおり相談援助実習指導等を担当する助教を公募することになりました。
 
「地域共創・未来共創の大学へ」を基本理念とする本学にふさわしい、特に学生の教育に熱意を持って取り組んで頂ける方、職員や学生と共に明日の沖縄大学を担って頂ける方を募集いたします。なお、沖縄大学の基本理念については、『小さな大学の大きな挑戦-沖縄大学50年の軌跡-』(髙文研、2008年6月10日刊行)を御覧下さい。
 
                                           
 
1.専門分野
 
相談援助実習指導(社会福祉士養成 精神保健福祉士養成)
 
 
 
2.担当予定科目及び他業務
 
相談援助実習指導、相談援助演習、相談援助実習他、実習事務等
 
 
 
3.採用職名及び人員
 
助 教 1名
 
 
 
4.応募資格
 
大学院修士課程修了者または同等以上と認められる者で、以下の要件のいずれかに該当する者
 
①学校教育法に基づく大学又はこれに準ずる教育施設において、教授、准教授、助教又は講師(非常勤を含む)として、相談援助実習指導を5年以上担当した経験を有する者
 
②学校教育法に基づく専修学校の専門課程の専任教員として、相談援助実習指導を5年以上担当した経験を有する者
 
③社会福祉士の資格を取得した後、相談援助の業務に5年以上従事した経験を有する者(且つ、精神保健福祉士の国家資格を有するものが望ましい)
 
④社会福祉士介護福祉士養成施設指定規則第3条第1号ト(4)に規定する講習会(以下「社会福祉士実習演習担当教員講習会」という)において、相談援助実習指導に係る課程を修了した者
 
 
 
5.提出書類
 
①履歴書(様式1)(教職経験者は様式3に担当科目も明記して下さい)
 
②国家資格証書の写し
 
③社会福祉士実習演習担当教員講習会を修了したものは、その修了書の写し
 
④教育研究業績(様式2-1、様式2-2)
(主要著書・論文等3点以内の実物またはコピーを各3部同封して下さい)
 
⑤「これからの大学教育をどう考えるか-なぜ沖縄(大学)で教えることを希望するのか-」のテーマで、2000字程度にまとめたもの
 
※上記所定様式を本ページ下部よりダウンロードできます。(様式1~様式4)
 
 
 
6.給与
 
本学給与規定による(国家公務員給与に準ずる) なお、研究費は年額40万円。
 
 
 
7.就任年月日
 
2018年4月1日
 
 
 
8.任用期間
 
3年(但し、1年ごとの更新により、最長5年まで更新可能)
 
 
 
9.応募締切日
 
2017年9月1日必着
 
 
 
10.本審査
 
2017年10月21日を予定。書類審査により応募者を数人に絞り本審査を行ないます。
 
本審査では、面接のほかに担当予定科目(相談援助実習指導)のシラバス(様式4)を作成して頂き、そのうち1回分の授業を約30分間の授業形式でプレゼンテーションして頂きます。
 
パソコン、OHP等の使用も可能です。なお、本審査対象者には最終学歴卒業証明書・成績証明書の提出を求めます。
 
 
 
11.応募書類提出先
 
  〒902-8521 沖縄県那覇市国場555番地
 
  沖縄大学総務課人事担当(上原、神谷) 
 
  電話 098-832-6732/FAX 098-832-0083
 
  E-Mail general@okinawa-u.ac.jp
 
 ※応募書類は、封筒に「専任教員応募書類在中(相談援助実習指導)」と朱書し、簡易書留やレターパック等で郵送して下さい。