小野 啓子

研究活動

 私は日本とアメリカで建築を学んだあと、都市計画プランナーとして、東京と沖縄で都市計画の実務に10年以上携わりました。道路の計画から自治体のマスタープランまで、さまざまなプロジェクトにかかわり、沖縄での代表的な仕事としては、那覇市の壺屋やちむん通りの道づくり(2003年度土木学会デザイン賞優秀賞等)があります。

 1998年からはオーストラリア・シドニー大学建築学部で南洋(太平洋地域)の日本人町研究をテーマとする博士研究に取り組みました。サイパンやパラオといったミクロネシアの島々は戦前「南洋群島」と呼ばれ、日本の委任統治領でした。製糖業を中心とした産業で栄え、最盛期には10万人近い日本人が暮らし、その6割が沖縄出身者であったことは沖縄以外ではあまり知られていません。2002年に博士論文を提出した後も研究を続け、ヤップ、チューク(トラック)、ポンペイ(ポナペ)、コスラエ(クサイエ)、マーシャル諸島でもフィールドワークを行い、現在これまでの成果をまとめているところです。また、その延長でハワイの製糖タウンの調査も進めています。さらに、2013年にはハワイの製糖業が衰退した後、広大なサトウキビ農地がどのように転用されているかについても調査を行いました。

教育活動

 学部では、持続可能な都市のあり方を考える「地域環境計画」、ライフスタイルと環境の関係を考える「環境と社会」、身近な住環境~地域開発を考える「まちづくり1,2」などの授業を担当しています。可能な限り、学生自身による聞き取りや現地調査などのフィールドワークを重視しています。グローバル化やIT化による変化の大きな時代に向けて、自分たちで情報を集め、発信し、価値を生み出す企画力を身につけてほしいと思っています。

 今最も関心を持っているのは、衣・食・住をベースにした地域振興です。地域にあるいいモノをビジネスにつなげてくにはどうしたらよいのか、様々な観点から考えていきたいと思っています。現在、沖縄の状況と比較しつつ注目している地域のひとつがハワイです。観光、軍需、製糖業を産業の柱としてきた沖縄と共通点も多く、沖縄と歴史的にも関係の深い地域です。また、中国や東南アジア諸国にも興味を持っています。特に大学院では、こうした地域からの留学生のテーマにつきあいながら、私自身も多くを学んでいるところです。

所属学会

日本建築学会

主な著書・論文等
  • ○共著、A Study on the Coastal Walk on the Eastern Coast of Metropolitan Sydney, Australia 土木学会論文集 D1(景観・デザイン)Vol.68 (2012)No.1, P26-34
  • ○共著、A STUDY OF URBAN MORPHOLOGY OF JAPANESE COLONIAL TOWNS IN NAN’YO GUNTO : Part 5 Ponape, Yap and Jaluit Branch Districts (Shicho) 南洋群島における日本植民都市の都市構造に関する研究 : (その5) ポナペ、ヤップ、ヤルート支庁 日本建築学会計画系論文集2012年6月 第77巻 第676号,1521-1530頁
  • ○共著、A STUDY OF URBAN MORPHOLOGY OF JAPANESE COLONIAL TOWNS IN NAN’YO GUNTO : Part 4 Natsujima, Truk Islands 南洋群島における日本植民都市の都市構造に関する研究 : (その4)トラック諸島夏島 日本建築学会計画系論文集2012年1月 第77巻 第671号, 207-215頁.
  • ○共著、沖縄島およびその近海離島における福木屋敷林の地域特性、日本建築学会計画系論文集2010年11月 第75巻 第657号, 2589-2597頁.
  • ○共著、沖縄県粟国島における福木屋敷林の実態 日本建築学会計画系論文集  第75巻 第649号, 603-608頁 2010年3月.
  • ○共著『沖縄県の海浜地域における歩行空間整備計画の提言』、沖縄県対米請求権事業協会・助成シリーズNo.31、2007年.
  • ○共著 'A Study of Urban Morphology of Japanese Colonial Towns in Nan'yo Gunto: Part Three:Origins of the Model Japanese Sugar Plantation Town in Taiwan,'日本建築学会計画系論文集、612号、2007年2月.
  • ○共著 'A Study of Urban Morphology of Japanese Colonial Towns in Nan'yo Gunto: Part Two: Koror in Palau,'日本建築学会計画系論文集、562号、2002年12月.
所属: 
氏名: 
小野 啓子
氏名アルファベット: 
ONO Keiko
写真: 
主な担当科目等: 
都市計画、まちづくり
専攻: 
まちづくり、地域開発、技術士(都市および地方計画)
最終学歴: 
カリフォルニア大学バークレー校建築学修士、東京大学工学修士、 シドニー大学Ph.D(建築)
その他基本情報: 
関連URL 「那覇ウォーカー+」
https://nahawalker.wordpress.com/
モットー: 
現場が大事。
学位: 
芸術学士(筑波大学)、建築学修士(カリフォルニア大学バークレー校)、工学修士(東京大学)、Ph.D(シドニー大学建築学部)