金 蘭姫

研究活動

 人間社会において、人々とのつながりと相互扶助は、人が人間らしく生きるために、保障されるべき最低限度の糧だと思う。人々はそれらの糧をなくすと、どうなるでしょうか?自殺、孤独死、引きこもり、虐待などの選択を余儀なくされます。なぜ「福祉国家」とも呼ばれている人間社会でこのような悲しい出来事が起こるのでしょうか?それは、人々のつながりの希薄化や相互扶助という連帯意識の欠如によると思う。では、人々とのつながりを形成するためにはどうすればよいだろうか。また、どうすれば人々の相互扶助の意識を高揚することができるのだろうか。これらの問題意識をもち、コミュニケーションによる他者理解と、他者に対する自身の存在を現れることができる、地域福祉推進における「公共空間」形成について研究活動を行っている。

教育活動

 現在「社会保障」と「現代社会と福祉」科目を担当しており、少子高齢化という現代社会における医療保障や所得保障の財政的問題など福祉政策と関連して、消費税の引き上げや社会保障・税の一体改革などの政治的動きと合わせて理解できるように、学生の意見を聴くなど、双方向的コミュニケーションを交わしながら、授業を進めている。

所属学会

社会福祉学会、地域福祉学会、社会政策学会

著作・論文

(1)金蘭姫 「地域福祉の実践方法としての対話的コミュニケーション・プロセス構築―コミュニティソーシャルワーカーの実践事例を通して―」関西学院大学人間福祉研究科『人間福祉学研究』(査読あり), 第3巻1号, 2010年11月, 107-122.

(2)金蘭姫 「諸外国の地域福祉―韓国」 市川一宏・大橋謙策・牧里毎治編著『地域福祉の理論と方法』ミネルヴァ書房, 2010年10月, 285-289.

(3)金蘭姫 「地域福祉推進と社会福祉施設」 全光鉉・牧里毎治編著『韓日地域福祉論(韓国語)』ナヌムの家(韓国), 2010年2月, 183-207.

(4)金蘭姫 「地域福祉政策における公私協働関係のあり方について一考察―ガバナンス論を分析視点として―」関西学院大学人間福祉研究科『人間福祉学研究』(査読あり),第2巻1号, 2009年11月, 87-102.

(5)金蘭姫 「韓国の地域福祉推進における市民団体の現状と可能性について一考察」日本の社会福祉学会『社会福祉学』(査読あり),第49-4巻, 2009年2月, 143-157.

(6)金蘭姫 「地域福祉推進と社会福祉施設」 関西学院大学社会学部『関西学院大学社会学部紀要』(査読なし), 第103号, 2007年10月, 59-71.

(7)金蘭姫「地域福祉推進と『公共的空間』」関西学院大学社会学部『関西学院大学社会学部紀要』(査読なし), 第102号, 2007年3月101-114.

氏名: 
金 蘭姫
氏名アルファベット: 
KIM Nanhee
写真: 
主な担当科目等: 
社会福祉政策、コミュニティ・ソーシャルワーク
専攻: 
社会福祉政策、地域福祉政策、 コミュニティソーシャルワーク
最終学歴: 
博士(関西学院大学大学院)
モットー: 
地球上で今を活きる。
学位: 
博士(関西学院大学大学院)
生年等: 
国の全羅南道生まれ