我部 政男

略歴

 我部政男氏は、日本史学(近代日本政治史)を専攻され、琉球大学法文学部及び短期大学部・並びに本学法経学部において日本政治史や政治学の教鞭を執られた後、1991年より山梨学院大学法学部政治行政学科教授(現在は山梨学院大学名誉教授)として日本政治史のほか多くの教科を担当し、また首都圏内(早稲田大学大学院、東京女子大学大学院、日本女子大学大学院、慶応大学、立教大学、法政大学)の多くの大学で講師を勤めました。

 氏は近代日本政治史に関する多くの著作・論文及び史料集等を発表されていますが、琉球処分や沖縄戦など沖縄近現代史に関する著作も多く、この分野での資料の発掘と整理に今後更に精力的に取り組もうとの意向を強くお持ちです。そうした取り組みを進めるに当たり、沖縄大学と協力をしながら進めていきたいとの考えをお持ちで、そのことは「地域に根ざす大学」を基本理念とする本学にとっても、有意義なことだと確信します。

著書

 我部氏は、四十余年にわたる研究者生活において、三十以上もの単編・共編著書、学術論文や史料紹介活動は五十点を超えます。代表的なものだけでも下記のように多くの著作・作品があります。

  • ○我部政男著『明治国家と沖縄』 1979年 三一書房
  • ○我部政男著『近代日本と沖縄』 1981年 三一書房
  • ○我部政男著『沖縄史料学の方法』 1988 新泉社
  • ○我部政男著『明治十五・十六年地方巡察使復命書』 上・下巻 1980年 三一書房
  • ○色川大吉・我部政男監修『明治建白書集成』 全九巻 筑摩書房
  • ○我部政男・広瀬順皓監修『勅奏任官履歴原書』 上・下巻 1995年 柏書房
今後の活動

 若い世代に広く日本・沖縄近現代史に関心を向けられるように協力していきたい。これまで収集した日本・沖縄近現代史に関する基本資料をいかに利用しやすくするのかの方法や研究体制を作り出すことに協力していきたい。また外国及び国内にある沖縄に関する研究資料を多くの研究者の協力をえて、調査・収集していきたい。可能なかぎり世界的な沖縄・琉球研究センターの拠点として沖縄大学が発展することを強く希望したい。

所属: 
氏名: 
我部 政男
氏名アルファベット: 
GABE Masao
写真: 
主な担当科目等: 
日本史学・政治学(近代日本政治史)
専攻: 
日本史学・政治学(近代日本政治史)
最終学歴: 
琉球大学卒業・東京教育大学大学院文学研究科博士課程
学位: 
琉球大学卒業・東京教育大学大学院 文学研究科博士課程
生年等: 
1940年(昭和15生)