仲村 清司

略歴

 東京で書籍・雑誌の編集者を経て、1996年に『沖縄が独立する日』(夏目書房)を出版。

 同年、那覇市に移り住み、その後、エッセイや旅行記などを地元紙などに発表。

 『爆笑、沖縄移住計画』(夏目書房)が単著としてのデビュー作。同作品が2004年に『住まなきゃわからない沖縄』(新潮文庫)に改題された後、テレビ・ラジオ番組、ブログなどを通して、沖縄のポップカルチャーを発信する。

 2000年以降は琉球の大交易時代の足跡、泡盛の源流をたどるため韓国・台湾・タイなどを取材訪問する。

 2003より沖縄大学・人文学部国際コミュニケーション学科の非常勤講師。

 2010年に上梓した『ほんとうは怖い沖縄』(新潮社)は沖縄の精神風土に光を当てた異色の作品として各種メディアに取り上げられた。

 2011年、それまでのライトエッセイから琉球史や沖縄問題の分野に執筆活動の裾野を広げ、新聞紙上で評論活動を開始。現在では戦後沖縄史、土着信仰、基地問題に関する研究活動やトークイベントを展開している。

 2014年には愛猫と野良猫たちの交流を綴った『島猫と歩く那覇スージぐゎー』(双葉社)を発表。同作品は中国での翻訳出版およびコミックエッセイ化が決定している。

沖縄大学における教育活動

『メディア論特殊講義(Ⅰ・Ⅱ)』2003年~2009年

『マスコミゼミ』2009年後期・2010年後期

『地方出版概論』2010年前期~

『出版制作概論』2010年後期~

連載雑誌及び連載紙

『コーラルウェイ』(日本トランスオーシャン航空機内誌)

『モモト』(編集工房・東洋企画)

『オキナワ万華鏡』(沖縄タイムス)

主な著作・共著

『爆笑沖縄移住計画』(夏目書房)、『住まなきゃわからない沖縄』(新潮文庫)、『アジア路地裏紀行』(徳間文庫)、

『沖縄学』(新潮文庫)、『ほんとうは怖い沖縄』(新潮文庫)、『本音で語る沖縄史』(新潮社)

『新書沖縄読本』(講談社現代新書)、『本音の沖縄問題』(講談社現代新書)、『沖縄県謎解き散歩』(新人物文庫)

『京都のすすめ』(双葉社)、『博多のすすめ』(双葉社)、『沖縄大衆食堂』(双葉社)、『沖縄通飲読本』(双葉社)

『沖縄チャンプラ亭』(双葉社)、『沖縄うまいもん図鑑』(双葉文庫)、『島猫と歩く那覇スージぐゎー』(双葉社)

○書評欄等で紹介された記事

『島猫と歩く那覇スージぐゎー』朝日新聞全国版「著者に会いたい」、

読売新聞全国版「こころ」、沖縄タイムスに掲載

○『新書沖縄読本』多田治・一橋大学社会学研究科准教授(沖縄タイムス)

○『本音で語る沖縄史』文芸評論家・柄谷行人(朝日新聞)、作家・立花隆(週刊文春)

所属: 
氏名: 
仲村 清司
氏名アルファベット: 
NAKAMURA Kiyoshi
写真: 
最終学歴: 
大谷大学文学部哲学科
その他基本情報: 
最終学歴 大谷大学文学部哲学科
生年等: 
1958年大阪市生まれ。沖縄人二世。