ゼミ紹介(こども文化学科)

ゼミ紹介

こども文化学科の特徴的なゼミをピックアップ

池間ゼミ

人の育ちの場である学校を将来の職業の選択肢としてもっているメンバーの集まりであることから、テーマを「自分を知る」とし、コミュニケーション能力に視点をあてる。

毎回、課題に取り組み、課題解決をしていく際にどのような心的変化があるかを細かに観察・記録しそれを集計・分析することで、見えてくるものは?

ゼミの写真

ゼミ担当者の写真

教授  池間 生子

担当科目:専門演習

〈プロフィール〉

出身地/宮古島市平良

最終学歴/宮崎女子短期大学

お勧めの本/「進化しすぎた脳」池谷裕二著

このゼミを選んだ理由は?

私たち池間ゼミは、「調査・発表・実践」をテーマに、発達障がいや、沖縄の世界遺産等について調べています。先生を含めた全員が明るく元気で、とても活発なゼミとなっています。教員採用試験に向けてもゼミの中では行っていませんが、全員が現役で試験に合格できるように切磋琢磨して頑張っています。

西野 百香 こども文化学科3年次 コザ高等学校出身

受講生の写真

宮島ゼミ

このゼミでは、学校や学童、養護施設、若者支援施設など様々な教育現場を訪問しながら、子どもの世界、かれらが抱える課題や悩み、そしてそこでの教育の役割について考えています。
こども文化学科には、「学校ごっこ」という行事があります。大学近くの子どもたちに参加してもらい、大学1年生が自作のオリジナル授業を行なうイベントで、2年宮島ゼミがその企画・運営を行ないます。子どもたちがのびのび楽しめる授業を大学1年生が作れるように、ゼミのメンバーがサポートします。

ゼミの写真

ゼミ担当者の写真

准教授  宮島 基

担当科目:専門演習

〈プロフィール〉

出身地/東京都

最終学歴/首都大学東京大学院

お勧めの本/山﨑隆夫『希望を生みだす教室』

このゼミを選んだ理由は?

子ども達と向き合った時、周りの環境や子ども達の心情の変化など、多くのことを知る必要があります。私達は絵本という子ども達の身近な部分からアプローチし、子どもとは?、教育とは?ということを見つめ直しています。2018年度に川井ゼミから「学校ごっこ」という大イベントを受け継ぎ、1年次のサポートとして携わっています。教育者になるにはまだまだ未熟な私達ですが、1年生にとって、充実した「学校ごっこ」になるように自分達の経験や先輩方の意見も大切にし運営していきたいです。

小野寺 凱士 こども文化学科2年次 宜野座高等学校出身

受講生の写真