「沖縄大学アネックス共創館」 オープニングセレモニー開催! 

「沖縄大学アネックス共創館」 オープニングセレモニー開催! 

2017.04.20

 沖縄大学は、4月から運用を始める新施設「沖縄大学アネックス共創館」の

オープニングセレモニーを4月12日に開催しました。

 

 左から、島村聡(地域研究所所長)、嘉数昇明(後援会長)、仲地博(学長)、長濱正弘(理事長)、

     知念覚(那覇市副市長)、新田勇(繁多川自治会長)、金城正弘(同窓会長)

 

 

 

オープニングセレモニーでの長濱正弘理事長、仲地博学長の挨拶。

 

長濱正弘 理事長

 沖縄短期大学創立20周年を記念して建てられたこの由緒ある建物を、学校法人嘉数女子学園のご厚意で、昨年5月に譲っていただきました。グラウンド地権者にもお礼申し上げます。

 

 どのような施設にするのか学内で多くの論議をし、この3月末に2階部分とグラウンドが完成しました。

 学生の教育環境の拡充と地域との交流拠点にしていきたいということで、地域研究所を移転させ、沖縄大学の理念である「地域共創・未来共創の大学へ」を実現する一つの施設にしていくことになりました。

 那覇市や地元の自治会をはじめ各団体と連携を取りながら、沖縄大学が目指している「地域共創・未来共創」を実現していく所存ですので、これからもよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

仲地博 学長

 沖縄大学の理念は「地域共創・未来共創の大学へ」を標榜しております。創設者の嘉数昇先

生の志に沿い、そしてその後の沖縄大学の歴史

を掘り起こし、沖縄大学は建学の理念を「地域

に根ざし、地域に学び、地域と共に歩む、開か
れた大学」と定式化をしております。

 

 地域に奉仕するとか貢献するという言葉を使

っておりません。地域を共に創る、地域の未来

を共に創る、そういう大学を目指して教育そし

て地域活動を行っております。

 その拠点としてアネックス共創館ができまし

た。2階部分には地域研究所が移りました。

 土曜教養講座など諸処の公開講座や学生のアクティブラーニングのスペースとして使われることになります。学びの共同空間として整備されます。
 これから1階にトレーニング室も整備されますが、隣に整備されたグラウンドと共に沖縄大学の健康スポーツ福祉専攻の授業で活用されます。地域の健康をつくる指導者を育成する教育が行われます。

 3階、4階部もこれから順次整備され、地域と共に学び、地域と共に歩む大学の理念に立脚した教育と地域活動がこのアネックス共創館で行われることになります。

 どうぞ、地域の皆さんのご利用そしてご期待に応えることができるような大学でありたいと思っておりますので、よろしくご支援をお願いしたいと思います。本日はありがとうございました。

 
 

 

 

続いて、来賓の知念覚那覇市副市長よりご挨拶をいただきました。

 

知念覚 那覇市副市長

 今日は「那覇市副市長」でご招待を受けましたので、少し自由な形で話すことがあるかもしれません。

 私も沖縄大学の夜間で学びました。苦しい時代に学ばせていただいて、あの頃がなければ今はなかったと感慨深いものがあります。

 今日は「沖縄大学アネックス共創館」が開館したということで、さらに発展していく姿を見て非常にうれしく思っております。

 本施設は主に体育実技や部・サークル活動に供すると共に、自習室はアクティブラーニングの場所として活用されると伺っております。学生の皆さんが勉学や交流の場として大いに活用されて、互いに切磋琢磨しながら自ら学び、人としても成長していく姿が目に浮かびます。

 また、移設された地域研究所では地域住民へ向けた土曜教養講座が開催されるほか、子どもの貧困問題やまちづくりなど本市の主要な課題を含めた様々なことを、多くの市民と学び合っていただけるものと期待しています。

 先ほど、地域研究所所長の島村聡先生が貧困に関しまして、子どもたちの学習支援をここでやっていくんだと話されていました。まさに、地域で子どもたちを育てていくという姿、この施設がその力になっていくとお聞きしまして、非常にうれしく思っています。

 我々も人材育成には特に力を入れており、最終的には人が世界を創っていくんだということで、未来を目指してやっております。

 それから現実問題として、貧困問題は経済問題とリンクします。経済なくしてこの問題は解決しないと思っておりまして、今年度からは経済を2町目一番地としていくんだと、我々も力を入れております。

 そういう中で、やはり足元は地域なんですね。地域の市民がしっかり地域を創っていかないと物事が動いて行かないと思っております。ですから、那覇市は小学校区を単位として、36の小学校区でいろいろな形でまちづくりに取り組んでいきます。この地域もまさしくそうであります。その一つにこのアネックス共創館が貢献していただけるということであれば、さらに力強く物事が進んでいくのではと期待しています。

 我々も力いっぱいやっていきます。お互いの力でまちづくりをしていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 本日はまことにおめでとうございます。

  

 

 

テープカットの後は、じっくり施設見学をしていただきました。

 

      

 

 

 

 

 

 

 アネックス共創館2階には沖縄大学地域研究所

が移設され、今後は土曜教養講座をはじめ各種公

開講座の拠点となります。

 

 

 また、アクティブラーニングのスペースとして

学びの共同空間を整備し、地域の公民館等と協力

して子どもの学習支援や食堂機能にも挑戦してい

く準備をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、共創館の屋外グラウンド整備によって、

地域の健康づくりの人材を養成する健康スポーツ

福祉専攻の教育活動がさらに充実し、学生の課外

活動でも大いに活用されることが期待されます。

 

 

沖縄大学の理念「地域共創・未来共創の大学へ」

歩みを進めていくために、コミュニティキャンパ

スとしてアネックス共創館の整備が進んでいます。