法政大学と沖縄大学との交流授業の様子が取材されました。

法政大学と沖縄大学との交流授業の様子が取材されました。

2019.03.29

2019年3月4日~10日、沖縄大学と法政大学、名桜大学合同で開講する講義「沖縄フィールドワーク」が実施され、16名の学生が県内4市町村を訪れ、東京圏と沖縄について比較研究を行いました。

 この授業は、内閣府の平成30年度「地方と東京圏の大学生対流促進事業」に採択された「東京から沖縄へ、沖縄創生のための課題解決型人材育成プログラム」を具現化するもので、9月に開講した「同I(千代田区)」と合わせて、現地でのフィールドワークを通じて東京圏と沖縄を比較研究しながら、参加した学生がそれぞれの政策課題を発見し、その解決に立ち向かう者を社会に送り出していくことを目指して実施するものです。 

 

講義の様子は琉球朝日放送ニュース内で取り上げられました。

http://www.qab.co.jp/news/20190321112421.html