大学院修士論文中間発表会が開催されました。

大学院修士論文中間発表会が開催されました。

2017.06.19

6月17日(土)に恒例の大学院修士論文発表会が開催されました。

悪天候にも関わらず、院生や教員を中心に多くの参加者が発表に熱心に聴き入りました。
 
 
 
 
発表会後には交流会も行われ、発表者の労をねぎらい、また、院生と教員との交流も活発に
行われました。
 
次回は10月21日に開催される予定です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
【プログラム】
 

                       沖縄大学大学院現代沖縄研究科

               2017年度第1回修士論文中間発表会/交流会

 

順番 時 間
2017年6月17日 本館2階H-201教室(交流会は本館1階ホール/ホワイエにて)
13:00-13:40
比嘉恵子「不登校生徒に対する支援の在り方に関する研究~沖縄県の
高等学校の教育相談における養護教諭の関わりを中心に~」(小西吉呂)
13:40-14:20

漢那一将「少年法に関する研究~虞犯を中心に~」(小西吉呂)

14:20-15:00

當原直子「性刑法に関する研究~刑法改正を中心に~」(小西吉呂)

15:00-15:40
金城佐枝美「使用者および役員等の第三者に対する責任に関する考察
~その法的性質の考察を中心に~」(新城将孝)
15:40-15:50

休   憩

15:50-16:30

島袋真理「医療事故における紛争処理の研究」(川﨑和治)

16:30-17:10
柴田忠佳「沖縄の健康寿命延伸のための喫煙防止教育等を含む
健康教育のあり方に関する考察」(山代寛)
17:10-17:50

賀数淳「空手の発祥とその伝承から考察する沖縄伝統空手の定義」(若林千代)

17:50-18:30 藤原健「『沖縄戦の記憶/記録を継承する』という思想~戦記としての『沖縄戦新聞』にみる戦後沖縄の新聞ジャーナリズムから~」(我部聖)
18:40-20:00

本館1階ホール/ホワイエにて交流会(参加費無料)

              注記:( )内は指導教員を指す。発表の順番は変更される場合がある。