「健康栄養学部 管理栄養学科」開設について 記者発表を行いました。

「健康栄養学部 管理栄養学科」開設について 記者発表を行いました。

2018.08.29

2018年8月29日

沖縄大学は2019年4月新設の「健康栄養学部 管理栄養学科」について、大学設置・学校法人審議会より文部科学省に対して、設置を「可」とする答申がなされたことを受け、記者発表を行いました。

国場キャンパス内に新設する学部は管理栄養士養成校として県内初めての施設となります。沖縄大学は、新設する健康栄養学部において「食」や「栄養」のエキスパートを養成していくことで沖縄の長寿県復活のために活躍する人材育成を基盤に、健康福祉社会の拠点を目指します。

会見では長濱正弘理事長が「沖縄大学が重要視したのは県の健康長寿政策に合致した学部新設であること、県内の大学進学率の向上の一因に寄与すること、またこれまで県内には管理栄養士養成施設がなく県外に進学せざるを得ない県民の経済的負担等ニーズに応え学費の設定を行ったことである。計画から4年、本日新学部開設の発表となりとても嬉しく思う」と挨拶しました。

仲地博学長は「地域共創・未来共創の大学を教育研究の理念として、開学以来、地域の中核人材を育ててきた。今、沖縄に求められる教育研究の分野は何かを問い、沖縄県の健康長寿県復活の一翼を担いたいと新学部設置を目指した。健康・長寿を新たな沖縄大学のブランドとして含め、育てて生きたい」と今後の抱負を述べました。

(※なお、正式には8月31日付文部科学大臣名の通知文書の受領をもって、認可の運びとなります。)

左から:山代寛副学長、仲地博学長、長濱正弘理事長