2019.12.24#部活動・サークル

男子バスケットボール部 県大学選手権5連覇と九州リーグ二部昇格の報告

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 男子バスケットボール部 県大学選手権5連覇と九州リーグ二部昇格の報告

第24回沖縄県大学バスケットボール選手権大会において5連覇、第26回全九州大学バスケットボールリーグ戦において二部昇格を果たした、男子バスケットボール部の浦添建伍さんと饒平名剛さん、新垣真一郎監督が学長室を訪問し、優勝と二部昇格の報告を行いました。

1戦目の琉球大学医学部との試合では延長戦にもつれ込み苦戦したが、そこで気合いを入れ直してチームが一つになったことで、2戦目(対沖縄国際大学)、決勝(対名桜大学)も勝利をつかむことができた。5連覇という結果に慢心することなく、気を引き締めて今後も練習に取り組みたい。(ポイントガード:饒平名さん)

 

沖縄大学は攻守バランスの取れたチーム。毎日練習してきた3ポイントシュートでチームの勝利に貢献できた。(ポイントガード:浦添さん)

 

本学チームは県外大学に比べて身長が低い。本学は身長差をカバーするために、走って攻める攻撃スタイル。饒平名、浦添は3ポイントシュートを得意としているが、彼らの得点から活路を見いだす場面もある。2部に昇格すると1部のチームとも対戦の機会がある。2部の上位に食い込めるようにやっていきたい。(新垣監督)

 

選手と監督から大会を振り返っての感想や今後の抱負が語られ、学長・理事長・常務理事からは、「5連覇はなかなか達成できることではない。二部でも頑張ってほしい!」と優勝と二部昇格を讃え、今後の躍進を期待する言葉が述べられました。

左から 照屋常務理事、佐喜真理事長、饒平名剛さん(法経学科3年)、盛口学長、浦添建伍さん(法経学科3年)、新垣監督