2020.03.30#大学からのお知らせ

新型コロナウイルスに対する沖縄大学の方針と対応について

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 新型コロナウイルスに対する沖縄大学の方針と対応について

学長 盛口 満

新入生のみなさん、在校生のみなさん、そして保護者のみなさん、新入学及び新学期が始まる時期にあたり期待に胸を膨らませると同時に、現在、世界的な流行をみせている新型コロナウイルスの動向に極度の不安をもたれているのではないかと推察いたします。

新型コロナウイルスの日本における状況は日々刻々と変化を見せ、予断を許さない状況にあります。日本の中でも、沖縄は東京や大阪などと比べ、まだ感染状況はひどくない状況にあるように思えますが、この県内の状況も、今後どのように推移するか予断を許さないという点に関しては日本全体の状況と変わるところはありません。

このような状況の中で、4月からの始業をどうするのかについて、学内で何度も話合いをもちました。
大学という学び舎としては、みなさんの学習権を保障したいという思いが強くあります。しかし、なによりも皆さん自身の健康と安全を考えないわけにはいきません。また、地域と共にあることを建学の理念としている本学にとって、地域の安全にも十分以上に気を配る必要があります。このようなことを鑑み、今年度の前期の授業に関しては、学生のみなさんが、できるだけ「密閉・密集・密接」を避けるために、大学に登校しない自宅学習期間を組み込む必要性を感じています。このような変則的な授業形態は、状況によって随時、内容を変更させる必要もあります。そのため、具体的な受講形式の変更等については、大学のホームページで情報を発信してきます。随時、その内容には注意を払っていただくようおねがいします。

現在、世界的な蔓延をみせる新型コロナウイルスの場合、万一、自身が感染しても症状が表に出ず、潜在的な感染源となり、他者に感染を引き起こす可能性が指摘されております。このような背景があるための大学側の判断であることを理解していただき、みなさん自身の健康と安全を守ると同時に、みなさんが他者へウイルスをうつしてしまうという危険性を避けるために、それぞれ、適切な行動をとっていただきたい(例えば、学外の密閉、密集、密接が起こる環境に出かけることの自粛や、当面の間の海外・県外旅行の取りやめなど)と思います。

なお、履修に関してや大学生活に関する不安など、相談が必要という場合は、どうぞ所定の窓口を利用してください。また、自宅学習期間を定めた場合は、自宅学習の課題については、質問等は、随時、担当教員がメール、電話等を活用し、対応できるようにいたします。

以上、なにとぞ大学の方針にご理解をお願いいたします。