2021.09.01#その他

『第62回沖大祭、撮影がスタート!』今年もオンラインで開催します。

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 『第62回沖大祭、撮影がスタート!』今年もオンラインで開催します。

新型コロナウイルスの影響で、昨年からオンライン配信で学内イベントを開催、62回目を迎える沖大祭もオンラインで10月31日午後1時から配信が決まっています。

今年の沖大祭は那覇市制100周年を記念しての企画や、本土復帰50年と平和について考える企画、沖縄の自然環境と観光企画等、那覇市、そして沖縄にある大学として歴史や地域の魅力を再確認できる企画が多く、先生と沖大祭実行委員が県内各地を巡る予定となっています。
新型コロナ感染症の影響もあり、県内の感染状況や対策等に努めながら、実行委員のみなさんは計画を進めていて、昨日(8月31日)から撮影をスタートさせました。

最初に、ミニシアターでひめゆり学徒隊について学びました。

那覇市立大道小学校(沖縄県立第一高等女学校跡地)

安里からひめゆり学徒が歩んだ道のりをたどり、ひめゆりの塔を目指します。

昨日は「ひめゆり学徒隊の足跡をたどる」企画の撮影のため、ひめゆり学徒の多くが通っていた沖縄県立第一高等女学校跡地の那覇市立大道小学校(那覇市安里)を起点に、ひめゆりの塔までの道のり目指すというサイクリング企画の撮影を行いました。戦争という辛い出来事を風化させないためにも、どのように伝えていく必要があるかなど、率直に学生が感じたことを意見交換できればと考えています。

経法商学科島袋隆志先生と一緒に、自転車でひめゆりの塔まで無事に到着できました!

ひめゆり平和記念資料館も見学。

学びあり笑いあり、珍道中?となったこの企画、学生だけでなく、先生たちの普段の講義では見ることができない素顔にも迫る内容盛りだくさんの沖大祭は10月31日オンライン配信でお楽しみください!
在学生だけでなく、学外者のみなさんにも楽しんでいただける企画が満載です。