2018.11.08#その他

ピカリと輝く沖大生!④ モデル、アーティストとして活躍!(国際コミュニケーション学科4年次 田場千樹さん)

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. ピカリと輝く沖大生!④ モデル、アーティストとして活躍!(国際コミュニケーション...

ピカリと輝く沖大生!④

就職、進学へと新たな夢に向かってがんばっている4年生を紹介する
『ピカリと輝く沖大生!』企画。

4回目は国際コミュニケーション学科4年次の田場千樹さんをご紹介します。
高校時代からモデル業を中心にタレント活動を行ってきた田場さん、最近は活躍の場が広がり、先日オープンしたOPAのCMにも出演しています。そんな田場さんにお話を伺いました。

Q芸能活動の手ごたえなど、いかがですか?

ですし、県内で撮影したんですが、とても楽しくお仕事ができました。最近では私を起用したいという声が増え、県外の仕事も増えているのでとても嬉しいです。
家族も協力してくれていて、やっと両親も喜ばせられるようになったかなと思います(笑)。

Q沖縄大学へ進学したのはなぜですか?

大学での目標が留学をしたい!と思っていたので、留学制度の整っている沖縄大学へ進みたいと思いました。また、高校時代に宮城公子先生の講演を聴く機会があり、先生の授業を受けたいと思ったのもきっかけです。

Q大学生活はどのようなものでしたか?

憧れの宮城先生の授業も受けることができ、先生の考え方が大好きで、今も卒論に向けて指導を受けています。仕事と学業の両立が心配でしたが、先生方に相談しやすく、カリキュラムについても目標をもって履修することができました。
1人1人をきちんと見てくださる先生方が多いのも、小さい大学だからこその強みで沖大の良さだと思います。ぶれずに充実した大学生活が送れることが目標だったので、それが達成できて良かったです。充実した大学生活が過ごせています。

Q今後の夢を聞かせてください

卒業後、この仕事を本格的にやっていきます。大学生活では仕事との関係で、留学ができなかったので、是非、海外ロケのリポーターをしたいです。
また、芸能活動だけではなくいつかは起業して、沖縄を日本そして世界へと繋ぐ企業家になるのが夢です。その夢のひとつには、自分の経験したことを教える人材育成の仕事にも携われたらと考えています。今の仕事をしていて、裏方の仕事=人を支える仕事にも興味が出てきました。
タレント業の幅を広げつつ、他の仕事も開拓して、たくさん武器を持って生きていきたいと思います。

Q在学生や高校生へメッセージをお願いします

私がなにか行動をする時に思うことは「今日の自分が一番人生で若い」ということです。若いから失敗しても良いのではないか、なんでもできる可能性を秘めていると思いながら挑戦してきました。
いろいろ考えすぎてしまう性格なので、決断するときにそう思って前へ進んできました。なので、みなさんも勇気をもって頑張ってください。

(沖大祭ではViviangeのメンバーとステージを盛り上げた、田場千樹さん(中央))
これからの田場さんの活躍に期待大です。