教授

石原 嘉人

ISHIHARA Yoshihito
石原 嘉人
専門分野
日本語教育
所属
人文学部 国際コミュニケーション学科
出身大学・最終学歴
神戸市外国語大学大学院外国語学研究科 学位:文学修士
メッセージ

異文化の最前線で働く日本語教師という仕事について理解を深め、母語を客観的に捉える過程で視野を広げ、多様性を享受できる人材を育成したいと願っています。

研究テーマ

漢字圏における漢字語彙 / 日本統治下の台湾における日本語教育

担当科目

日本語Ⅲ&Ⅳ( 前期/後期)
問題発見演習Ⅱ(後期)
日本事情 (前期)
基礎演習Ⅱ(後期)
日本語教育概論(後期)
日本語教授法Ⅰ、Ⅱ(前後期)
日本語教育実習(前期)

ゼミ

問題発見演習Ⅱ;日本語・日本事情に関わる分野のうち、特に関心のある領域について書かれた図書(新書が好ましい)を読み、その内容を解説・発表する。            基礎演習Ⅱ;私たちが日常生活の中で無意識に使い分けている表現の違い、外国人にとって理解が難しい言い回し、日本語のコミュニケーションスタイルの特徴、社会言語学にまつわる諸問題などを取り上げて学ぶ。

主要論文・著作等

主な著作:
『日本語中級学習者のための速読練習用読解教材』(単著) 
大阪外国語大学留学生日本語教育センター 1998年刊
『上級漢字』(単著)大阪外国語大学留学生日本語教育センター 1998年刊
『日本語上級学習者のための速読練習用読解教材』(単著) 
大阪外国語大学留学生日本語教育センター 1999年刊
『琉大で学ぶ日本語 vol.1』(共著) 琉球大学留学生センター 2004年刊
『琉大で学ぶ日本語 vol.2』(共著) 琉球大学留学生センター 2005年刊
『琉大で学ぶ日本語 vol.3』(共著) 琉球大学留学生センター 2006年刊
『沖縄を読む 中上級編』(単著) 琉球大学留学生センター 2007年刊 
『沖縄を読む 初中級編』(単著) 琉球大学留学生センター 2008年刊                              
主な論文:
「"是…的"と否定のスコープ」『中国語学236号』(1989) 中国語学会

「ナ形容詞とスル動詞---中国及び韓国からの学生を対象として---」
『日本語・日本文化16号』(1990) 大阪外国語大学留学生別科・日本語学科

「表現内容を重視した文型の提出順序---「~てもらう」表現をめぐって---」
   『日本語教育74号』(1991) 日本語教育学会

「「~にとって」に関する一考察---日本語教育の立場から---」
   『日本語・日本文化18号』(1992) 大阪外国語大学留学生日本語教育センター

「他動詞と使役に関する一考察---中級学習者を対象として---」『日本語・日本文化19号』(1993) 大阪外国語大学留学生日本語教育センター

「異文化間教育について」『日本語・日本文化23号』(1997) 大阪外国語大学留学生日本語教育センター

「講読を通じての異文化理解(その1)」
『留学生教育 第1号』(2003)琉球大学留学生センター

「定住外国人向けの教材開発について---ブラジル人労働者を対象に---」
『留学生教育 第1号』(2003)琉球大学留学生センター

「講読を通じての異文化理解(その2)」
『留学生教育 第2号』(2005)琉球大学留学生センター

「“沖縄を読む”ことの意義について」
『留学生教育』第4号 (2007)琉球大学留学生センター

「現象を通じて構造を学ぶ「日本事情」クラスの試み」
『留学生教育 第7号』(2010)琉球大学留学生センター

「漢字圏の学生にとっての漢字語彙習得」
『留学生教育 第9号』(2012)琉球大学留学生センター

「中国語,韓国語,ベトナム語の漢字音の韻尾「-n」「-ng」「入声音」と日本語の音読との対応関係」  JSL漢字学習研究会誌 第5号(2013)JSL漢字学習研究会誌

「漢字圏の学生に対する漢語スル動詞の導入」
 『留学生教育 第10号』(2013)琉球大学留学生センター

「ベトナム語話者に対する漢字語彙の指導について」
『留学生教育 第11号』(2014)琉球大学留学生センター