教授

梶村 光郎

KAJIMURA Mitsurou
梶村 光郎
専門分野
教育学(教育史)
所属
人文学部 こども文化学科
出身大学・最終学歴
教育学修士(筑波大学)
研究テーマ

教育学(教育史)

担当科目

初等国語科教育法、初等教育原理

主要論文・著作等

(著書)
『国語教育総合事典』(共著。「17 日記,日誌」の項目を執筆。)、日本国語教育学会編、朝倉書店、2011年。
『北中城村史 第七巻 文献資料編』(共著。「第四節 北中城村の近代教育の歩み」を執筆。)北中城村史編纂委員会。2012年。
『沖縄で教師をめざす人のために』(共著。「第1部第3章 教科指導」を執筆。)、協同出版、2015年。
『近現代沖縄教育史資料 「新世代」(八重山教育会編)』(共編著。「八重山教育会機関誌『新世代』を複製するにあたって」、「八重山教育会発行機関誌『新世代』の目次」、「凡例」などを執筆・担当。)、沖縄大学地域研究所「近現代沖縄教育史研究」共同研究班(代表:梶村光郎)、2015年。
(論文)
「児童新聞『児童の産業』に関する一考察―綴り方作品を手がかりに―」、『沖縄大学人文学部紀要』第14号、2012年3月。
「山形の教育の伝統とフレネ教育―書くことによる教育を中心に―」、『言語文化論叢』第10号、琉球大学言語文化研究会、2013年。
「沖縄の子ども達は平和と安全をどう表現しているか―それらの作文から何を学ぶか―」、『こども文化学科紀要』第1号、沖縄大学人文学部こども学科、2014年3月。
「沖縄の学力問題の現状と課題」、『作文と教育』、2014年9月号。
「八重山地区の調査結果」、『(平成二十六年度)補習実態調査から見えてきた全国学力テスト対策の実態』、沖縄県民間教育研究所、2015年3月。
「論評(林潤平『近代日本国語教育論における自然愛の語られ方』についての)」、『日本教育史研究』第35号、2016年9月。
「生活綴方における言語活動―言語活動の充実の視点から―」、『こども文化学科紀要』第1号、沖縄大学人文学部こども学科、2017年10月。
「道徳の授業をどうつくるか」、『共育者』第17号、沖縄県民間教育研究所、2018年2月。
「<資料>セレスタン・フレネの『フランスの学校に於けるキネマ』について」、『沖縄大学人文学部紀要』第21号、2018年3月。