教授

村上 敬進

MURAKAMI Akinobu
村上 敬進
専門分野
金融論
景気循環論
マクロ経済学
所属
経法商学部 経法商学科
出身大学・最終学歴
博士(経済学)名古屋大学
担当科目

マクロ経済学、統計学

主要論文・著作等

【査読付き論文】
“Does Bank Relationship Have an Economic Value? The Effect of Main Bank Failure on Client Firms、” (1999) 、 Economics Letters、 Vol.65、pp.115-120.(共著)

「内生的景気変動理論における消費外部性‐Catching up with the Joneses preferenceによる分析‐」(2000)、『経済科学』名古屋大学 第48巻第2号pp.107-114.

「一部門内生的貨幣成長モデルにおける複数均衡」(2002)、 『金融経済研究』第18 号pp.11-21. 日本金融学会発行.

「心理的要因が喫煙・飲酒防止教育の効果に与える影響」(2019)、『地域研究』 第24号 pp.15-39.

【受託研究】
「2018年度 ありんくりん市 分析結果報告書 来場者編」沖縄県商工会連合会 pp.1-37. 2019年1月31日提出

「2018年度 ありんくりん市 分析結果報告書 事業者編」沖縄県商工会連合会 pp.1-40. 2019年1月31日提出