理事長挨拶

 

[理事長]佐喜真 實

理事長挨拶

夢創造・夢実現へ全力

沖縄大学の歴史を振り返りますと、嘉数昇先生により1958年に創設された本学(当初は短期大学)は創設期、再認可期、再生・発展期、各期において語りつくせないほどの苦難の歴史を辿りながらも、地域のひとびとを中心とした多くの沖縄県民から数々の支援を受けて、試練を乗り越えてきました。そのような中、特筆されることは、本学は高等教育機関として、時代の要請に的確に応えつつ、沖縄のひとびとの夢実現に向けて人材育成に努めてきたことです。
 戦後沖縄の社会が米軍占領下でまだまだ復興途上にあった大学創設期の1960年前後には、短期大学として商経科、英文科、家政科を設置し沖縄復興・経済振興に役立つ人材を輩出しました。また、初等教育科を期間限定(2年)で設置し、初等教育教員を養成し、教育の普及に尽力しています。特に当時の沖大卒の教員は宮古・八重山地区へ多く赴任したため、離島地域の教育に貢献し、地域から大いに感謝されています。このように、その時代の、そして地域の夢に応えた沖縄大学の教育は、琉球大学(琉球政府立)のほかに高等教育機関がない時期に、私学としての心意気を存分に感じさせる取組みと言えます。
 1972年の本土復帰時の大学統合問題の時は、それこそ沖縄全体の大学存続の声に支えられ、再認可を受けています。認可後は、4年制大学として法経学部第一部のほか、夜間の第二部を設置し、就職をしながら向学心に燃える若者の学び心に応えています。現在の沖縄社会の発展に貢献した人材はこの時期に多数輩出しています。夜間で学ぶなら沖縄大学でと多くの若者が煌々と照らされた灯りのもとで勉学に励んだ様子が目に浮かびます。
 1990年以降の発展期から現在に繋がる期間も本学は高等教育機関としての改革のためのチャレンジを継続してきました。1999年度に人文学部を開設し、時代の要請に応える形で福祉文化学科を設置し、社会福祉士等の福祉事業に関連する国家資格取得に努める学生をサポートするなど、福祉に貢献する人材の育成を行っています。そして2007年度にはこども文化学科を設置し、私学らしい自由闊達な雰囲気の中、小学校教員の育成に努め、意欲に満ちた教員を教育界に送り出しています。その結果、毎年度の小学校教員採用試験に多数の現役合格者を出すなど、教員養成学校ともいえるぐらいの成果を挙げています。
 2018年6月に創立60周年を迎えた後は、更なるチャレンジとして、2019年4月に健康栄養学部管理栄養学科を新設しました。これまで他県の大学に進学しないと叶わなかった管理栄養士資格のための修学が沖縄県内でできるようになったわけです。
 このように沖縄大学は創設以来、常に夢創造の場であり、夢実現の場でありました。そして本学はこれからも、将来やりたいことが不明確で漫然と入学してくる学生には夢を創造すること、そのためのヒントづくりを共に考えることで支援します。そして教員になりたい、社会福祉士や管理栄養士になりたい、通訳士になりたいなど、はっきりとした夢・目標を抱いて入学してくる学生には国家資格の取得など、その実現に向けて、全力を挙げてサポートします。また学生だけでなく、教職員、大学を構成する皆が夢を描ける場所、時代は変わっても、その時代に生きる人たちが夢を実現できる場所、そのための地域のキャンパスになるための改革を続けていきます。