沖縄・東アジア地域研究専攻

現代沖縄研究科沖縄・東アジア地域研究専攻

沖縄大学大学院現代沖縄研究科では次のような人材を求める

  1. (1) 大学院での研究に必要な基本的素養があること。
  2. (2) 問題意識があること。
  3. (3) 課題に継続的に取り組むための意欲・能力があること。

アドミッションポリシー

沖縄および東アジア諸地域の社会、文化、歴史などの領域の諸問題を学際的に解明し、将来の学術的発展に寄与する人材を求める。

  1. 沖縄の政治・社会構造や文化、歴史の諸問題を「東アジアのなかの沖縄」という視点から研究し、
    現代沖縄の文化的な諸課題の解明に取り組む人材。
  2. 東アジア諸地域の社会、歴史、文化事象を研究し、
    現代沖縄の社会文化の諸問題の解明に結びつけて考察する人材。
  3. 沖縄と東アジアの文化交流の推進モデルの構築に取り組む人材。
  4. 沖縄及び東アジアの地域研究上の問題に専門的視点及び学際的視点から取り組み、
    その問題解決の方法を概念化し、さらには理論化を試みる人材。

カリキュラムポリシー

沖縄・東アジア地域研究専攻では、沖縄および東アジア諸地域の社会、文化、歴史などの領域の諸問題について、専門的かつ総合的に対応するため、「講義科目」として、
「沖縄地域研究」「東アジア地域研究」「事例研究」の三区分で編成する。

  1. 「沖縄地域研究」では、沖縄の政治、社会、文化、歴史等に関する
    基礎的知識や研究方法を総合的に学ぶことができる。
  2. 「東アジア地域研究」では、沖縄と関連するアジア諸地域の政治、社会、文化、歴史等に
    関する基礎的知識や研究方法を学ぶことができる。
  3. 「事例研究」は、「沖縄地域事例研究」および「東アジア地域事例研究」によって編成され、
    フィールド・ワークや参与観察、実践研究等を通じて、
    それぞれの専門的知識や研究方法を学ぶことができる。
  4. 「演習」は、「研究導入演習」および「研究指導演習」によって編成され、
    指導教員による論文指導がおこなわれる。

ディプロマ・ポリシー

  1. 本研究科に2 年以上在籍し、本研究科所定の講義科目および演習を30 単位以上取得し、
    中間報告会を経て修士論文を作成し、論文審査に合格した者に学位を認定する。
  2. 論文審査においては、対象領域の研究水準に関する基本的な知識、研究テーマの方法および
    内容の明確さ、独創性、論文の体系性と一貫性、文章の完成度などの観点から、公正かつ慎重に判断される。

沖縄・東アジア地域研究専攻の教育課程の特色

沖縄・東アジア地域研究専攻では、比較、対照、総合、学際という方法論的視座から、
沖縄や東アジアの文化や政治、社会、歴史などの諸問題について
考察を深めていくようなカリキュラムを用意しています。

1・講義科目

 講義科目は、多くの学問領域にまたがっていますが、2つの柱となる分野に大別されます。沖縄地域研究分野は、人類学、政治学、社会学、思想史、言語学、教育史、文化研究等の専門領域から、現代沖縄の社会構造や文化の問題について考究する分野です。また、沖縄近世史、沖縄近現代史の科目を置き、歴史的、通時的観点からも沖縄の社会、文化への理解を深めていきます。東アジア地域研究分野は、中国、台湾、韓国、ベトナムなどの東アジア地域の社会、歴史、文化について考察する分野です。また、「中琉日関係史特論」以下の歴史科目を学ぶことで、東アジアの歴史に対する理解を深めると同時に、〈東アジアの中の沖縄〉という視点から沖縄の歴史、社会、文化の諸問題に国際的な視点からアプローチします。

2・事例研究科目

 事前・事後の指導を受け、沖縄の諸地域や歴史、文化関係の資料センター、あるいは沖縄大学がネットワークを持つアジア地域の大学・研究機関において、現地での調査研究(フィールドワーク)を行うことができるよう、「沖縄地域事例研究」及び、「東アジア地域事例研究」という事例研究科目を設けています。また、現役の教員等がその資質や能力を高めるための科目として「教育事例研究」を用意しています。

3・演習科目

 2年間にわたる一貫した演習を通じて、問題解決、課題解決に向けた研究テーマを設定し、修士論文あるいは特定課題研究が完成できるような指導体制を用意しています。

4・研究実践

地域研究所での研究実践への参加

沖縄大学地域研究所では、本専攻所属教員の多くが学内所員として研究活動を行っているので、希望する学生は、こうした地域研究所の研究班に特別研究員として参加することで、実際の研究活動を間近に見るとともに研究の方法や手法について集団的な指導を受けることができます。