健康栄養学部 管理栄養学科

講義紹介

共通科目

情報リテラシ―Ⅰ(必修)
本講義では、「タイピング」「コンピュータ知識」「電子メール」「インターネット」「情報モラルと情報セキュリティ」「ワープロ」「表計算」の各分野について講義ならびに演習を通して学習し、コンピュータを日常で利用する上での必要な知識・技能を修得します。

問題発見演習Ⅱ(必修)
1年次の前期と後期にある問題発見演習は、4年間の演習の最初であり、ゼミ活動への入門の場でもあります。
問題発見演習Ⅱ(後期)では、入学当初の目標を再確認、あるいは、新たに目標を設定して、互いに支え合いながら達成を目指します。また、目標達成のための具体的な計画づくり、プレゼンテーション、中間報告レポート、ディスカッションおよび最終報告を行い、そのプロセスの中で、スタディ・スキルを養います。

主な専門科目

基礎栄養学(必修)
本科目は、専門科目の前提科目であり、栄養学の基礎的知識および技術を学習し、今後の学びの基盤となります。ヒトが食べることの意義、健康と栄養、健康の維持・増進、疾病予防へ活用できる基礎知識を習得します。具体的には、栄養の概念や各栄養素の発見など栄養学の歴史を学ぶとともに、五大栄養素であるタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの特徴や消化・吸収と栄養素の体内動態について概説します。生体エネルギー、摂食行動のメカニズム、水と電解質、遺伝子発現と栄養との関連について理解し、栄養素供給源としての食品や食品成分表、日本人の食事摂取基準や栄養比率等についても概説します。

臨床病態学Ⅰ(必修)
本科目では、診断のための身体診察と検査、疾患の治療、疾病の発症や進行、人体と微生物や毒性物質との相互関係について学び、病原微生物の感染から発症、その防御の機構を学びます。管理栄養士として健康管理にかかわる時に必要となる、疾病の病態、診断方法、治療法、合併症等を理解します。また、正常な体の細胞、組織、器官からどのような原因、経過で、疾病が発症し、進行するかを理解するとともに、生活習慣が疾病の中心である現代医療の中で、管理栄養士の役割が、極めて重要であることを理解します。