人文学部 福祉文化学科 社会福祉専攻

講義・ゼミ紹介

講義紹介

共通科目

問題発見演習Ⅰ・Ⅱ(必修)
同じ演習の学生同士で支え合いながらそれぞれの目標を再確認し、達成することを目指す。レポート作成やプレゼンテーション,ディスカッションやグループワークを行う。その過程を通して,学び続けていくための「スタディ・スキル」を養う。

「青年期のこころの発達」(選択)
青年期のこころの発達のメカニズムや多くの人が経験する発達的課題,現代の若者を取り巻くさまざまな課題について,実例を交えて概説する授業。「こころの健康」を意識的に保つ力(メンタルヘルス・リテラシー)を養う術や,身近な友人をサポートする時の方法・注意点についても講義内容に含んでいる授業。

主な専門科目

「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」(選択必修)
子ども・家庭にかかわる諸課題に取り組むためには、児童・家庭福祉の法律や支援方法を理解し、特に子どもの安全・安心・成長・発達に関する最善の利益という視点を自分のものとすることと、養育者に対する支援サービスや専門職の現状やあり方に関する知識も必要。この授業は、児童・家庭福祉に関わる現状、理念、歴史、制度、施策など、その全体像への理解を深めることを目指した授業。担当教員の児童相談所・児童福祉司としての実務経験に基づくいた学びがえられる授業です。

「精神保健の課題と支援」(選択必修)
精神の健康、精神の健康に関連する要因及び精神保健の概要、精神保健の視点から見た家族の課題、精神保健の視点から見た学校教育の課題について学ぶことのできる授業。学生相談や行政機関における職場のメンタルヘルスに関わる相談業務を行っている担当教員が、実務経験に基づいて、メンタルヘルスの課題を抱えることで大学生活や職場での人間関係、日常生活にどのように支障を及ぼすかを具体的に解説する実践的な授業です。

ゼミ紹介

玉木ゼミ

ズバリ、ソーシャルワークの価値を学ぶゼミです。とは言っても、福祉専門職を目指す人だけではなく、様々な仕事に関心をもつ学生が集っています。活動のスタイルは個人研究とゼミ全体で取り組む研究の二本柱。これらの研究に共通するのは自分の存在が認められる場や生活に希望や夢をもつことができるような体験の機会を求めている人に資する取り組みであること。各ゼミ生が自らの関心や得意なことを発揮して活動に取り組んでいます。

教授 玉木千賀子

担当科目:専門演習

〈プロフィール〉

出身地/沖縄県
最終学歴/博士(社会福祉)東北福祉大学大学院

Students Voices

玉木ゼミ 4年次 野原 祐樹 (糸満高校出身)

自分の考えを持ち、みんなで協力して1つのことをやり遂げ、私たち個人、周りの方に良い影響を与えることができる活動を目指すゼミ。玉木先生は一人一人に的確なアドバイスをしてくださり、自分で答えを探すことで人間として大きく成長させてくれます。これからの活動を通して、沖大に、地域に良い風を吹かせていきます!