准教授

城ヶ原 貴通

JOGAHARA Takamichi
城ヶ原 貴通
専門分野
保全生物学
哺乳類学
島嶼生物学
所属
経法商学部 経法商学科
出身大学・最終学歴
名古屋大学大学院生命農学研究科
学位:博士(農学)
メッセージ

stay hungry, stay foolish

研究テーマ

琉球列島の生物多様性保全

担当科目

沖縄の自然、生物保全Ⅰ・Ⅱ、環境概論、地域環境生態学Ⅰ・Ⅱ

ゼミ

ゼミでは沖縄の自然に関わることを全般として扱います。学生自身で調査してみたいテーマを設定し、現地調査や文献調査などを通じて論理的思考を養うとともに、プレゼンテーションの作成・発表、レポートの書き方などを身につけることを目指します。学生時代は自由に溢れています!この短い4年間を精一杯に遊び、学ぶ時間にし、多くの社会経験を積んで欲しいと願っています。

主要論文・著作等

城ヶ原貴通,中家雅隆,池村茂,越本知大,坂本信介,橋本琢磨,三谷匡,黒岩麻里,山田文雄(2020)トクノシマトゲネズミ(Tokudaia tokunoshimensis)の生息記録と2005年~2016年の分布.哺乳類科学60: 105-116.

Ogata, Y., Nishikata, M., Kitada, K., Mizushima, S., Jogahara, T., Kuroiwa, A. (2019) Spiny rat SRY lacks a long Q-rich domain and is not stable in transgenic mice. Developmental dynamics 248:784-794.

Washio, K., Mizushima, S., Jogahara, T. And Kuroiwa, A. (2019) Regulation of the Sox3 Gene in an X0/X0 Mammal without Sry, the Amami Spiny Rat, Tokudaia osimensis. Cytogenetic and Genome Research 159:143-150.

Honda, A., Choijookhuu, N., Izu, H., Kawano, Y., Inokuchi, M., Honsho, K., Lee, A-R., Nabekura, H., Ohta, H, Tsukiyama, T., Ohinata, Y., Kuroiwa, A., Hishikawa, Y., Saitou, M., Jogahara, T. and Koshimoto, C. (2017) Flexible adaptation of male germ cells from female iPSCs of endangered Tokudaia osimensis. Science Advances 3:e1602179.

城ヶ原貴通・越本知大(2017)リュウキュウマツの食痕を指標とした徳之島のケナガネズミの分布調査.哺乳類科学57:211-215.

Jogahara, T., Koyasu, K. and Oda, S-i. (2012) Maxillary tooth size variability and influence of hypodontia in the Suncus murinus. Mammalia 76:315-322.

関連リンク