准教授

前田 舟子

MAEDA Shuko
前田 舟子
専門分野
琉球史
中琉交流史
東アジア史
所属
経法商学部 経法商学科
出身大学・最終学歴
琉球大学大学院
人文社会科学研究科
学位:博士(学術)
メッセージ

歴史を学ぶことで過去を知り、現在を捉え、未来を見据えます。
歴史学を通して日本や世界の未来を占ってみませんか?

研究テーマ

琉球史、中琉交流史、史料解読
(古文書・漢文・満文)

担当科目

東洋史、中琉交流史、歴史のみかた、戦後の日本と沖縄、中琉日関係史特論(大学院)

ゼミ

歴史ゼミでは、学生自身が好きなテーマについて深く掘り下げ、発表します。たとえば、琉球王国を生きた自分の先祖について調べたり、琉球や沖縄に実在した人物や歴史事件について調べたりします。時には外へ出て、史跡巡りや資料収集も行いますが、ゼミ生の希望によっては海外(なぜか台湾ばかり)へゼミ旅行にも赴きます。

主要論文・著作等

(研究業績)
「ハーバード燕京図書館蔵「琉球国中山王尚穆貢表」について」(『沖縄史料編集紀要』第43号、2020年3月)

(共著)
朱德蘭等編『琉球沖縄的光和影―海域亞洲的視野』(五南図書出版社、2018年3月)
国立劇場おきなわ運営財団(監修)『冊封琉球全図』(雄山閣、2020年3月)

(史料集)
西里喜行、赤嶺守、豊見山和行主編『国立台湾大学図書館典蔵 琉球関係史料集成 第2巻~第5巻』国立台湾大学図書館、2013~2018年

(解題・新聞)
「中国時報」翻訳(琉球新報、2018年2月~2019年2月)
「王国時代の都市考察」(沖縄タイムス、2018年11月30日)
「琉球王国表文 米で発見」(琉球新報、2020年6月12日)

(成果)
2019年度法経学部ゼミナール大会 グランプリ
「先祖の「琉球家譜」研究」(琉球新報、2020年4月3日掲載)