講師

島田 尚徳

SHIMADA Shotoku
島田 尚徳
専門分野
行政学
地方自治論
公共政策論
所属
経法商学部 経法商学科 / 法律行政コース主任
出身大学・最終学歴
千葉大学大学院社会科学研究科 学位:修士(総合政策)
琉球大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学
メッセージ

常に学び、常に挑戦し、常に好奇心を持ち続けよう!(J.D.クランボルツ)

研究テーマ

沖縄振興策の検証
自治体職員の能力開発
米国施政権下の琉球政府の行政活動

担当科目

行政学、地方自治論、公共政策論

ゼミ

沖縄の公共的な課題解決につながるような政策の立案を目指して活動しています。具体的な政策の立案にあたっては、テキストの輪読を通して現在の社会問題や政策立案手法を学んだうえで、実際に課題解決に取り組んでいる現場の方々(自治体職員など)とも意見交換しながら取り組んでいます。

主要論文・著作等

○論文
「琉球政府の職場組織について」(沖縄大学地域研究所『地域研究』第20号、2017年)
「半世紀を迎える沖縄振興の今後-計画策定と人材育成の視点から-」(『沖縄大学法経学部紀要』第29号、2018年)
「沖縄県内の雇用環境の現状と課題:政策立案に向けた一考察」(沖縄大学地域研究所『地域研究』第22号、2018年)
○その他
「地域産業を興す 国際物流ハブを活用した県内企業の海外展開」(『月刊金融ジャーナル』2017年2月)
〇学会・研究会
「沖縄の労働生産性の現状と課題 ~経済センサスデータを中心に~」(沖縄経済学会研究会、2019年10月5日、沖縄国際大学)
〇セミナー報告等
「沖縄における農業の可能性~地域経済の拡大に向けて~」第550回沖縄大学土曜教養講座「食から地域を変える」(2017年11月)
「沖縄振興のこれまでとこれから」2018年度自治体職員政策形成セミナー「研修報告会」(主催:南部広域市町村事務組合・中部広域市町村事務組合)(2018年6月)

関連リンク