教授

髙良 沙哉

TAKARA Sachika
髙良 沙哉
専門分野
憲法学
所属
人文学部 福祉文化学科 社会福祉専攻 / 福祉文化学科 学科長
出身大学・最終学歴
北九州市立大学 博士(学術)
研究テーマ

憲法学

担当科目

法学入門、日本国憲法

主要論文・著作等

(研究業績 著書)
2018年『ヘイト・クライムと植民地主義』共著 三一書房

2017年『ピンポイントでわかる自衛隊明文改憲の論点』共著 現代人文社

2015 年 『「慰安婦」問題と戦時性暴力 軍隊による性暴力の責任を問う』単著 法律文化社
     
(論文等)
2020年3月「日本軍「慰安婦」問題と沖縄基地問題の接点」『思想4月号』

2018年「沖縄と軍事性暴力」『国際人権』第29号

2017年「沖縄と「慰安婦」問題」『ジェンダーと法』第14号

2016 年 「憲法の掲げる平和主義と自衛隊の強化―石垣市・宮古島市の自衛隊 配備問題を中心に―」(査読有)地域研究第 18 号

「米軍基地と性暴力」季刊セクシュアリティ第 75 号