教授

玉木 千賀子

TAMAKI Chikako
玉木 千賀子
専門分野
ソーシャルワーク
所属
人文学部 福祉文化学科 社会福祉専攻
出身大学・最終学歴
東北福祉大学大学院総合福祉研究科 学位:博士(社会福祉学)
メッセージ

自分の道を拓くために豊かな経験と学びを積み重ねていこう。
それが「生きる」ということだから。

研究テーマ

社会的な脆弱性(ヴァルネラビリティ)を有する人のソーシャルワークのあり方、福祉専門職の実践力向上に向けた支援

担当科目

相談援助の基盤と専門職、相談援助の理論と方法ⅡⅣ、障害・認知症の理解、高齢者に対する支援と介護保険制度Ⅰ

ゼミ

自分も他者も尊重にすることができる関係性を培うことがゼミの第一の目標です。また、身近な社会に目を向けて、人の喜びや生きる力に結びつく活動をゼミ生と一緒に考えて取り組んでいます。ここ数年は聞き書き本を製作し、2020年度からは現場の実践者と協働した福祉教育の企画に取り組んでいます。

主要論文・著作等

(著作)
●琉球弧の島嶼集落における保健福祉と地域再生(分担執筆)2017年2月南方新社

●「ヴァルネラブルな人の生活のしづらさに対応するコミュニティソーシャルワーク」『コミュニティソーシャルワークの新たな展開 理論と先進事例』(分担:単著)2019年6月 中央法規出版

●『ヴァルネラビリティへの支援 ソーシャルワークを問い直す』(単著)2019年11月 相川書房

(論文)
●沖縄における団塊世代男性の地域活動への参加と生きがい−高齢期に移行する時期からの地域生活への支援のあり方を考える−(共著)2013年3月地域研究(沖縄大学地域研究所)第11号

●ケアマネジメントの特性についての研究−支援機能の先行研究に基づく考察−(単著)2015年3月 沖縄大学人文学部 沖縄大学人文学部紀要17号

●問題解決アプローチの支援枠組に関する考察−個人の尊厳というソーシャルワークの視点から−(単著)2016年3月 沖縄大学人文学部 沖縄大学人文学部紀要18号

●ヴァルネラビリティに対する意向確認についての考察−社会福祉制度の動向にみる支援を必要とする人の意向確認のあり方(単著)2017年3月 沖縄大学人文学部沖縄大学人文学部紀要 第19号

●「地域包括支援センターの包括的・継続的ケアマネジメント 浦添市の地域包括支援センターが共同で取り組む事例研修会の視点と方法 」(単著)2020年3月沖縄大学人文学部 沖縄大学人文学部紀要 23号