教授

若林 千代

WAKABAYASHI Chiyo
若林 千代
専門分野
国際関係学
東アジア国際関係史
沖縄現代史
所属
経法商学部 経法商学科
出身大学・最終学歴
博士(国際関係学)、津田塾大学
担当科目

国際政治学、政治学原論

主要論文・著作等

【単著】
2015年 『ジープと砂塵———米軍占領下沖縄における政治社会と東アジア冷戦、1945~1950』有志舎(東京)
【論文・雑誌記事等】
2020年3月 『宮里政玄先生を偲び語る座談会―アメリカ研究と沖縄問題との津梁―』 琉球大学島嶼科学研究所
2020年3月 「朝鮮戦争と沖縄——『知られざる戦争』を越えて——」明治学院大学国際平和研究所 『PRIME』43号
2020年3月「『吹きかえし』の風を待つ少年―東峰夫『オキナワの少年』と1950 年代の沖縄―」法政大学沖縄文化研究所 『沖縄文化研究』47号
2018年11月 「座談会 復帰後沖縄を巡って(高嶺朝一、長元朝浩、若林千代、仲里効)」 越境広場刊行委員会 『越境広場』第5号
2017年2月 「傷みの視差」 越境広場刊行委員会 『越境広場』第3号
2017年 “On Mohammed Salleh Lamry” SIRD Books (Kuala Lumpur) 魏月萍編『重返馬来亞−政治與歴史思想』
2017年2月号 「『壁』をこえて」 青土社(東京) 『現代思想』2017年2月号
2016年5月 「変容するアジアと沖縄——経済グローバル化と戦争の記憶——」 日本平和学会 『平和研究』第46号、早稲田大学出版部
2016年 ”A Portrait of War Memory: Taira Koushichi and Photography that listens to Untold Stories”Inter-Asia Cultural StudiesSociety, Inter-Asia Cultural Studies: Movements, Vol. 17, No. 1
2016年春季 「戦争記憶的肖像:平良孝七照片選──傾聴無法被訴説的故事」 亜際書院(香港) 『人間思想』(台北)
2016年3月 「戦後沖縄の女性と政治」 沖縄県教育委員会 沖縄県教育庁文化財課史料編集班編『沖縄県史 各論編8 女性史』沖縄県教育委員会
2016年2月 「沖縄、記憶の肖像」 青土社(東京) 『現代思想(臨時増刊)』
2014年7月 「ゴルバチョフ氏は沖縄に来るはずだった」 『現代思想』2014年7月号
2014年5月「スモール・スケールで問い直す沖縄の未来―『地域に根ざした自立』の視点とデモクラシー」神奈川大学 『神奈川大学評論』78号
2013年8月 「立足於民衆的立場思考問題」 人間出版社(台北) 『人間思想』(台北)第4期
2013年3月 「立法院発足前の琉球、194 年(昭和20)~1952年(昭和27)」 沖縄県議会事務局 沖縄県議会事務局編『沖縄県議会史第2巻通史編 』
2012年12月 「再び、〈場所〉を想像する 」 青土社(東京) 『現代思想』2012年12月号
2012年3月 「俯瞰と『新しい形の歴史』」 青土社(東京) 『現代思想』2012年3月号
“When the Darkness is Set Free: Woodcut and Ueno Makoto’s Palm-sized Series ‘The Atomic Bombing of Nagasaki,”Inter-Asia Cultural Studies, Vol. 13, No. 1, January 2012.
2011年7月 「”Atoms for Peace”is Dead:〈3・11以後〉〈フクシマ〉を通して沖縄現代史を問い直す」(『インパクション』180号、2011年7月)