2020.10.19#その他

みんなで育てる大学祭②~『コロナ禍最初で最後の演舞』エイサー収録~

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. みんなで育てる大学祭②~『コロナ禍最初で最後の演舞』エイサー収録~

第61回沖縄大学学園祭は11月1日にオンライン配信で開催予定です。「沖大生のやりたいことを実現していく新たなプロジェクト」「地域とコラボする大学祭」「みんなで育てる大学祭」をコンセプトに実行委員を中心に準備が進められています。先週からHP内でも、当日放送するプロジェクトの様子や取り組みについて紹介していきます。

本日紹介するのは、10月18日に行われた、エイサー収録についてです。毎年、学園祭の大トリを務める本学エイサー部。今年はコロナ禍のなか、活動を自粛していて、今年度最初で最後の演舞をリモート学園祭で披露することになりました。その想いを汲んだ実行委員のメンバーはドローン撮影も行い、収録にがんばっていました。エイサー部部長の伊保裕太さん(経法商学科4年次)は、「エイサーは人に見られてこそのものなので、コロナ禍で道ジュネ―などもなくなり、とても残念で寂しいし辛いです。学園祭を新しい形で行うということで、私たちにとっては最初で最後の演舞ということでOBもかけつけて昨日は収録に臨みました。私は4年次なのでこれが最後の学園祭となり、4年間のエイサー部の活動が走馬灯のように思いだされ、最後は感動して涙が溢れました。是非心を込めての演舞ったので多くの人に見てほしいです」とコメントを寄せてくれました。どのような動画が撮影され、配信されるかご期待ください。