2020.12.18#その他

ピカリと輝く沖大生㊹世界チャンピオン目前!総合格闘技修斗プロ選手(福祉文化学科3年 平良達郎さん)

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. ピカリと輝く沖大生㊹世界チャンピオン目前!総合格闘技修斗プロ選手(福祉文化学科3...

ピカリと輝く沖大生㊹

夢に向かってがんばっている学生を紹介する『ピカリと輝く沖大生!』企画。44回目は、福祉文化学科3年次の平良達郎さんを紹介します。
平良さんは総合格闘技修斗のプロ選手で、デビュー戦からこれまで7戦7勝の好成績を修めています。世界チャンピオンへの呼び声えが高い平良さんに話しを伺いました。

Q総合格闘技修斗について

ボクシングは手だけですが、総合格闘技なのでほぼなんでもありのスポーツです。投げ、打撃、キメ、関節締め技もありで他の競技に比べると体へのダメージは多い(痛い)スポーツだと思います。ルールに制限されない格闘技で打投極が魅力に感じています。
中学3年生のときに、兄の影響で、ジムに通いはじめたら、とても楽しくて、兄よりも競技にはまってしまい、高校3年でプロになり、大学に入ってプロデビュー戦に出場しました。試合はとても楽しみで、格闘技の聖地でもある後楽園ホールでは過去2回試合を行いました。トレーニングは週に6日、2時間、みっちり体を鍛えています。

Q沖縄大学へ進学を決めたこと、大学生活について

競技だけでなく、スポーツについて学びたいなと思い、沖縄大学福祉文化学科の健康スポーツ福祉専攻に進学を決めました。将来は競技を続けながらスポーツを教えることができたらと思っているので、両立させながら楽しく学んでいます。ただ試合前は両立が少し大変です。朝練に行って、その足で学校に行ったりと意外と試合前は忙しいです。減量もありますし・・・。

Q今後の目標について

世界チャンピオンになることです。
次の試合で勝てばランキング1位となるので、世界チャンピオンを目指し練習に励んでいます。
修斗の世界チャンピオンになると、修斗の看板背負って世界で一番大きい団体のUFCだったり、日本で有名なRIZINに出れる可能性があります。なのでもちろん、修斗のチャンピオンとしても収入は増えますが、さらに違う団体にステップアップすることが目標です。

Qメッセージ

記事を見てくれてありがとうございます。次の試合もAbemaTVで生中継されるので、是非見て下さい。来年には、修斗のベルト巻いて、RIZINに出ます。3年後には、UFCという舞台に挑戦する予定です。応援よろしくお願いします~。