2021.01.11#その他

『オキダイで20歳に!②』こども文化学科2年 川端彩女さん

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 『オキダイで20歳に!②』こども文化学科2年 川端彩女さん

夢や目標に向かって頑張っている、沖縄大学の新成人たちを今週は紹介しています。

2回目はこども文化学科2年川端彩女さんを紹介します。

川端彩女さん(那覇商業高校出身)

成人を迎えて

那覇市は中学校単位で1月10日に成人式があります。成人を迎えたという実感はあまりないのですが、高校生と比べると5歳も年上で、おばさん感は感じています。

大学生活について

私は小さい頃から小学校の先生になりたいという夢がありました。これまで出会った先生方がよい先生ばかりだったせいかもしれません。高校は資格も取得しておきたくて那覇商業高校へ進みました。普通高校出身の人と比べて、パソコンでレポート提出があるときに、情報処理の資格をもっていて良かったなと感じることは多々あります。電卓検定や簿記検定などももっていますよ。

小学校に実習にいくと、自分は教師にむいているのかと心配もありますが、葛藤しながらも今は進みたいです。そのような迷っているときも、沖縄大学は先生方がちゃんと向き合ってくれる環境が整っていて、いろいろ指導してくださいます。気負わないでいいと助言してくれたり、沖縄大学に入学してとても良かったなと感じています。

今後の目標、将来の夢について

今年は変化をつけたいと思っていて、できれば県外の小学校にも訪問や実習体験をしたいなと思っています。コロナ禍でどうなるかわからないですが、福岡の小学校等に訪問して地域でどのような教育の違いがあるかなども観察したいなと考えています。

将来の夢は、小学校の教員になることです。発達障がいの子どもたちが増えている状況のなかで、みんながそれぞれの障がいを理解し、接することができるような社会にしたいです。ペースを合わせていける配慮できる社会になればいいなと。それには子供だけでなく、保護者など周りに々のこともケアしながら、行動し、社会づくりに貢献できる人になりたいです。