2021.02.22#その他

第38回外国人による日本語弁論大会に厳文さん(国際コム2年)出場

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 第38回外国人による日本語弁論大会に厳文さん(国際コム2年)出場

2021年2月6日、第38回外国人による日本語弁論大会が開催され、本学国際コミュニケーション学科厳文さん(中国出身)が出場しました。今年は新型コロナウイルス感染症対策のため無観客で大会は開催され、厳文さんは残念ながら入賞とはなりませんでしたが、本日(2月22日)からYouTubeにて大会の模様が配信されています。

厳文さんは「自分の力不足を感じましたが、これからも日本語の勉強をより頑張ろうという気持ちがわいてきているので、頑張って他府県でのスピーチコンテストにも挑戦していきたい」と今後の抱負を話していました。

私は人前に出て話しをしたり、発表をすることが苦手でした。
今回大会に参加したきっかけは先生の勧めがあり、自分でも挑戦したい気持ちがでてきて、応募しました。
予選を通過してから、上地先生をはじめ仲村先生と元山先生にも沢山のアドバイスを頂いて自分でも納得するスピーチに仕上がりました。
大会当日はとても緊張してしまい、何箇所も噛んでしまい、自信のスピーチ能力がもっと必要だと感じました。
今回の経験を糧にして、次は全国スピーチ大会へ挑みます。

国際コミュニケーション学科2年次 厳文