2021.09.15#地域連携

『2021沖大祭PR企画②』管理栄養学科の学生が地域のために奮闘中!

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 『2021沖大祭PR企画②』管理栄養学科の学生が地域のために奮闘中!

62回目を迎える沖大祭、今年もオンラインで10月31日午後1時から配信が決まっています。先週から撮影がスタートしていて、本日も内容を少しだけ紹介します!

学園祭では管理栄養学科の学生たちのボランティア活動についても紹介予定です。管理栄養学科の学生7人は、こども食堂で月に一度、調理等のボランティア活動を行っています。また、その活動を通して、自分たちで考案したレシピを広げていけたらと新たな試みに挑戦しています。

9月13日は、考案したレシピを元に、調理方法を説明する動画撮影を行いました。『「国場555(沖大)から発信する子ども食堂お助けメニュー~ 5つの食材50gで5つのメニューに変身!!~」と題したレシピは、大学の住所である国場555番地にかけ、5つの食材、50グラムずつを使い、5つのメニューが作れることを紹介しています。手軽に栄養価の高い食事を、楽しく調理できるようにと工夫を凝らしたレシピとなっています。自分たちの活動が少しでも地域へ広げられたらとの想いと、こども食堂や子どもたちへ自立した食の育みにつなげていこうというのが狙いです。

コロナ禍の中、気軽に料理教室を開催できないので、今回は動画での紹介を予定しています。また、開発レシピは那覇市の社会福祉協議会「子どもと地域を結ぶサポートセンター糸」HPにも掲載予定です。

学生たちの活動内容や、レシピについては是非、沖大祭でチェックしてください!

9月11日(土)こども食堂での活動風景