2021.12.03#地域連携

協力企業から商品寄贈!「学生による学生のための食品提供プロジェクト」

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 協力企業から商品寄贈!「学生による学生のための食品提供プロジェクト」

福祉文化学科 3年次 中山暉野さんを中心に活動する「学生団体ゐ〜ま〜る」による『Let me fly 〜拡げよう結の輪を〜』(学生による学生のための食品・生活情報提供プロジェクト)が12月13日月曜日より開催されます。新型コロナウイルス感染症により、影響を受けた学生への応援プロジェクトで、期間中、食料品や日用品、情報を配布予定となっています。

12月2日、この日は、学生活動に賛同いただいたイオン琉球株式会社様より、130人分の食料品や500点以上の日用品の提供を頂きました。学生たちが県内企業や組織に直接協力を求めて、実現しました。食品や日用品を提供いただくにあたっては、なにに困っているかなど学内アンケート等も実施して、準備を進めてきています。また提供企業のメリットになるようにと企業情報をSNS等を使って情報発信をする機会作り等の工夫も行っています。

開催までに、イオン琉球株式会社様のほか、那覇市社会福祉協議会、豊見城市社会福祉協議会、なは市民活動支援センター、沖縄県労働金庫様より食品や日用品のご提供、沖縄県社会福祉協議会より学生生活を彩る情報等をいただくことになっています。

また、『Let me fly 〜拡げよう結の輪を〜』(学生による学生のための食品提供プロジェクト)は12月13日から17日の開催期間中の(15日と17日のみ)には、食品や日用品配布以外にも、学生の“今”を応援しようと、沖縄県労働者福祉基金協会 就労サポートセンター、グッジョブサポートセンターおきなわ、沖縄県キャリアセンターによる、奨学金、生活、就活等相談ブースが開設されます。

この小さな取組みが、今注目されるSDGsのように、誰しもがお互いを大切にできる行動のきっかけになればいいなという想いから、今回、学生からも生活用品などの提供を受け付け、集まった善意の品を、県内の福祉施設等へ届けることも計画しています。