2021.12.25#その他

「管理栄養学科【給食経営管理実習Ⅱ】クリスマス行事食」

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 「管理栄養学科【給食経営管理実習Ⅱ】クリスマス行事食」

管理栄養学科3年次の専門科目「給食経営管理実習Ⅱ」では、給食施設において特定多数の人々の栄養管理を適切に実施するために、対象者及び対象集団の栄養アセスメント結果に応じた品質の食事計画と提供のための技術習得を目指しています。具体的には、学生主体で大量調理(100食以上)にかかわる管理業務(栄養・食事、献立、生産、提供、安全・衛生、原価等管理)を実践します。通常であれば病院給食同様にメラミン食器を使用して提供しますが、後期は喫食時の感染症予防対策として、ディスポ食器を使用した学内テイクアウトのスタイルで実施、最終日の12月23日はクリスマス行事食のランチボックスを生産しました。栄養面では脂質が過剰にならないよう、タンドリーチキンは皮無鶏肉を使用、レアチーズケーキのヨーグルトは無脂肪を使用、ポテトサラダのマヨネーズを酢に置き換えて仕上げる等、工夫しています。今年度後期は「病院の常食患者」を対象とした生産管理実習を行いましたが、今後は「生活習慣病患者」を対象とした実習にも取り組む予定です。

今回のランチボックスはAクラス4班さんが考案したメニューとなっています。

いろどりピラフ、タンドリーチキン、ポテトサラダ、レアチーズケーキ