2021.08.23#その他

ピカリと輝く沖大生!番外編『難関突破!吉林大学大学院へ中国政府奨学金生として進学』吉田光さん(国際コミュニケーション学科卒業生)

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. ピカリと輝く沖大生!番外編『難関突破!吉林大学大学院へ中国政府奨学金生として進学...

コロナ禍の大変な状況の中、吉報が届きました!

本学国際コミュニケーション学科卒業生の吉田光さん(2020年度卒業)が、中国の吉林大学大学院へ中国政府奨学金生として来月より進学することが決まりました。
本学在学中に中国への派遣留学の経験がある吉田さん、卒業後の進路として、中国国内でも有名な吉林大学大学院で日本と中国、そして東アジアの共同体について研究を深めたいと進学の準備をしていましたが、先週、受け入れの連絡が届いたそうです。今回の試験(面接)はすべて中国語で行われ(オンライン)、中国の政治外交問題に対し、知識と中国語力を駆使して試験に望んだとのことで、卒業論文「日中の平和的関係維持のための一考察 —中国の海洋進出を契機に—」の研究成果が、見事、難関を突破し、夢を叶えられたのではないかと感じます。
夢はジャーナリストになることだそうで、学んだことを活かし、対立ではなく協調・友好にフォーカスを当て日本・沖縄とアジア地域の友好に貢献したいと抱負を語ってくれました。

吉田光さん

陝西省の華山(中国五大山の一つ)2019年3月撮影

中国の大学院受験そのものが未知であり、とても不安でした。去年、周りの友達が一生懸命就活をしている時期に私は卒論や中国語の勉強しかしておらず、その時から進路について問われると「中国の大学院に進学する」と言っていたものの、周りとの違いにプレッシャーを感じていました。

私から言えることは一つです。皆さんもいくら高いゴールや無茶な目標であっても、必ず自分の想い、目標を口に出し周りの人に伝えてみてください。時には冷や水を浴びせるような人がいるかもしれません。しかし不思議なもので、口に出すことで自然と意識が変わります。また、周囲に宣言することで自分の発言に責任が生まれるため、より目標に対して真剣に向き合うことができるのです。

コロナで大変な時期ですが、沖縄大学には生徒の想いをしっかり受け止め、サポートしてくださる素敵な先生方がいらっしゃいます。是非、周りの人を頼りながら目標へ突き進んでください。

吉田光(国際コミュニケーション学科 2021年3月卒業)