研究班一覧

研究班一覧

2020年度 共同研究班一覧

1.障がい者雇用にみるダイバーシティ経営の可能性

障がい者雇用を重視している事業所を調査分析することにより、多様な人材によって構成される職場で高生産性と働きやすさを同時に実現させるための必要条件を明らかにする。

2.炭鉱跡地周辺地域における集落形態と住民問題

沖縄県を中心とした炭鉱跡地とその周辺地域において,集落形態の変遷および土地利用に伴い生起する地域住民を取り巻く諸種の法的問題について調査し,炭鉱閉鎖が周辺地域に及ぼした影響を明らかにする。

3.中国(西安)の麺料理及び中国式の観光農園のあり方についての調査

野草を最大限に活用し、西安の麺料理を調査し、それを参考に沖縄の食材を使った麺料理を考案する。中国の「農家楽」という観光型農園・農家について調査する。食材、野菜を保存するために中国の発酵食品を紹介する。

4.近現代沖縄における教育と福祉に関する問題史的研究

本研究は、近現代の沖縄の教育の実態や福祉の問題について、資料の発掘や聞き取りなどを行い、実証的にそれらの問題について考察することを目的にしている。取りあげる対象としては、研究班員の問題関心を踏まえて、御真影・教育勅語、女子教育、学童疎開、標準語教育などの問題を検討することを考えている。

5.沖縄・東アジア地域の人文学と研究主体養成の基盤に関する基礎研究

本研究は、沖縄研究およびアジア研究の人文学に着目し、沖縄やアジアに関する地域研究や萌芽的研究に関する共同討議を通じて、地域研究の学際的で領域横断的な方法論を発展させ、研究主体養成の基礎と知的基盤の付加価値の検証をおこなう。

6.琉球弧地域における地域産業振興と地域政策・地方自治問題についての研究

本研究班は、琉球弧地域における産業振興と地域政策との歴史的な関係および有効性、そして、そこで生じている地方自治問題の整理をするための調査研究を行い、課題抽出と改善策を引き出せるよう検討する。

7.沖縄における会計・簿記教育に関する研究

現在、大学における会計簿記の教育は、検定試験や資格試験を過度に重視するという問題が指摘されている。本研究は、沖縄における大学の会計簿記教育の現状を調査し、大学における会計簿記教育の効果的な方法を検討することを目的としている。

8.地域における多職種多機関協働の支援システム構築に関する研究

浦添市をフィールドに地域住民の社会生活支援に携わる社会福祉実践者の実践事例の分析、課題抽出および対応策の検討をおこない、実効性のある多職種多機関協働の支援システムを構築する。

9.オンライン教育による新しい国際交流の可能性

世界がコロナの影響に見舞われた今、対面での授業や講義の開催が難しくなっている。特に国際交流に関しては、渡航も難しくなり、これまでのような交流事業を行うことは難しい。そこで、オンラインでどの様に国際交流ができるかその可能性を探る。

10.戦後教育史における沖縄大学に関する研究

沖縄大学の歴史を記したものとして、『小さな大学の大きな挑戦―沖縄大学五〇年の軌跡』(沖縄大学50年史編集委員会、2008年)が出版されている。本共同研究班では、このような「正史」に記録されていない、沖縄大学をめぐる紛争や本土復帰、校舎の移転問題に関わる様々な出来事や事件などについてどのように記録・継承していくのかについて考えていくために、沖縄大学創設70周年に向けた資料収集や聞き取り調査を行う。

11.地域の食材を使った様々な‘からだ想い昼食弁当’の考案について

沖縄県をはじめ広島県および石川県 それぞの各県食材を取り入れた「からだ想い昼食弁当」の献立を考案し、若年者および県民の健康サポートに繋げたい。からだに優しく糖尿病、高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症等などの生活習慣病の発症・重症化予防とまた一方で若年者に増加している「やせおよび健康やせ」の防止に資する楽しいお弁当を考案する。さらに地域の健康・栄養課題の改善スキルの検討を試みる。(コロナ対応で実食不可の場合、試作品の献立表と写真を見てアンケート調査実施し、検討)

12.沖縄における自然災害・戦争災害等の多様な災害の総合的研究

災害列島日本では、毎年、台風・豪雨・津波・地震等の多くの自然災害に見舞われるだけではなく、国防政策の変化・国際情勢や国内情勢の緊迫化という事態を受けて、今後、戦争災害(戦災)・労働災害(労災)・NBC災害・CBRNE)災害・武力攻撃災害等の多様な災害に被災する可能性が増している。本研究班は、「沖縄」を考察対象として災害概念の再検証と学際的視点から総合的な研究を行う。

13.離島地域における大学の関わる授業実践の創出と実践

2011年から継続的に実施して来た大学生による白保集落における環境教育と2018年度より実施した私立海星小学校での授業の展開を踏まえ、大学のない離島地域においてどのような大学の教育的関わりが必要とされているか、その効果的な実践を試みる。

14.沖縄島嶼部における作物の文化的伝播及び生態的比較

中国雲南省におけるシープソンパンナーは、中国大陸の最南端に位置し、生態的な自然や植生などの特徴から、沖縄に亜熱帯の類似性が溢れていると同時に人文的な特徴も魅力の充満されているところである。今回、ハーロッソという沖縄にのムーチにそっくりものの調査・研究に試みをしたい。

 

2020年度 全学研究プロジェクト班一覧(旧ブランディング班)

1.貧困に立ち向かう教育実践に関する研究

かつて日本と沖縄において、貧困の問題に立ち向かった教育実践があり、現在もそのような教育実践を継承する教育実践や教育運動がある。しかし、現在そのような教育実践や教育運動の価値や意義について、子どもの貧困化の克服という観点から、取り上げようという動きは表面的には見られない。しかし、生活表現を内実とするその教育は、生活の認識と組織(生き方の指導)を通じて、子どもの貧困化の問題を打開する可能性があるものである。

2.ライフステージにおける子どもの相対的貧困と食環境・食生活・社会環境との関連に関する研究

厚生労働省が発表した国民生活基礎調査の概況によると,我が国の子どもの7人に1人(相対的貧困率は約14.0%)と言われている。沖縄県においても深刻な課題になっている。そこで子どもを養育する親と養育が必要な乳幼児期から学齢児・青年期に至る相対的貧困の子どもの食環境・食生活・社会環境における生活の質(QOL)と親の社会関係資本との関連・実態を把握し、支援の方向性を示唆することである。利益相反に関する開示事項は含まない。

 

2019年度 共同研究班一覧

1.離島地域における大学の関わる授業実践の創出と実践

石垣島しらほサンゴ村では2011年から継続的に、白保集落の子供たちを対象とした環境教育と地域のライフスタイルの調査を行ってきた。前年度はこれらの経験を踏まえ、私立海星小学校における一般教科でのより普遍的な形での環境教育の展開を試みた。今年度はこれらの経験を踏まえ、盛口ゼミによる環境教育、喜屋武ゼミによる国語の授業の実践をそれぞれ白保サンゴ村、私立海星小学校において行う。大学のない離島地域においてどのような大学の教育的関わりが必要とされ、かつ効果的であるかその実践を試みる。

2.中国(西安)の麺料理及び中国式の観光農園のあり方についての調査

野草を最大限に活用し、西安の麺料理を調査し、それを参考に沖縄の食材を使った麺料理を考案する。中国の「農家楽」という観光型農園・農家について調査する。食材、野菜を保存するために中国の発酵食品を紹介する。

3.沖縄における自然災害・戦争災害等の多様な災害の総合的研究

災害列島日本では、毎年、台風・豪雨・津波・地震等の多くの自然災害に見舞われるだけではなく、国防政策の変化・国際情勢や国内情勢の緊迫化という事態を受けて、今後、戦争災害(戦災)・労働災害(労災)・NBC災害・CBRNE)災害・武力攻撃災害等の多様な災害に被災する可能性が増している。本研究班は、「沖縄」を考察対象として災害概念の再検証と学際的視点から総合的な研究を行う。

4.沖縄における会計・簿記教育に関する研究

現在、大学における会計簿記の教育は、検定試験や資格試験を過度に重視するという問題が指摘されている。本研究は、沖縄における大学の会計簿記教育の現状を調査し、大学における会計簿記教育の効果的な方法を検討することを目的としている。

5.精神障がい者の経験交流に関する研究—ピアサポートー

2年間ピアサポートに関心のある精神障がいを持つ者や関係者が集まり経験交流を行う「ピアサポParkOKINAWA」を月1回開催。参加者も増え取り組みの効果や必要性が示唆されている。今年度も継続し、経験交流やピアサポートの効果・必要性を実践・研究する。

6.沖縄・東アジア地域の人文学と研究主体養成の基盤に関する基礎研究

本研究は、沖縄研究およびアジア研究の人文学に着目し、沖縄やアジアに関する地域研究や萌芽的研究に関する共同討議を通じて、地域研究の学際的で領域横断的な方法論を発展させ、研究主体養成の基礎と知的基盤の付加価値の検証をおこなう。

7.琉球弧地域における地域産業振興と地域政策・地方自治問題についての研究

本研究班は、琉球弧地域における産業振興と地域政策との歴史的な関係および有効性、そして、そこで生じている地方自治問題の整理をするための調査研究を行い、課題抽出と改善策を引き出せるよう検討する。

8.地域の食材を使った様々な‘からだ想い昼食弁当’の考案について

沖縄県食材を取り入れた‘からだ想い昼食弁当’の献立を考案し学生および県民の健康サポートに繋げたい。からだに優しく糖尿病、高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症等の発症・重症化予防に資する楽しいお弁当を考案する。

9.先住民族と迷惑施設に関する研究 -アジアのエネルギー関連施設を中心に-

本研究ではアジアの先住民族とエネルギー関連の迷惑施設の事例を取り上げ、その問題点の調査分析と提言を行う。研究成果は軍事基地という迷惑施設の問題を抱える沖縄に、参考事例として還元したい。

10.戦後教育史における沖縄大学に関する研究

沖縄大学の歴史を記したものとして、『小さな大学の大きな挑戦―沖縄大学五〇年の軌跡』(沖縄大学50年史編集委員会、2008年)が出版されている。本共同研究班では、このような「正史」に記録されていない、沖縄大学をめぐる紛争や本土復帰、校舎の移転問題に関わる様々な出来事や事件などについてどのように記録・継承していくのかについて考えていくために、沖縄大学創設70周年に向けた資料収集や聞き取り調査を行う。

11.炭鉱跡地周辺地域における集落形態と住民問題

沖縄県を中心とした炭鉱跡地とその周辺地域において,集落形態の変遷および土地利用に伴い生起する地域住民を取り巻く諸種の法的問題について調査し,炭鉱閉鎖が周辺地域に及ぼした影響を明らかにする。

12.近現代沖縄における教育と福祉に関する問題史的研究

本研究は、近現代の沖縄の教育と福祉に関する問題についての資料の発掘や聞き取りなどを行い、教育と福祉に関する問題について歴史的及び思想的に考察することを目的にしている。取りあげる対象としては、研究班員の問題関心を踏まえて、御真影・教育勅語、女子教育、学童疎開、標準語教育、愛楽園などのハンセン病の問題を検討することを考えている。

13.障がい者雇用にみるダイバーシティ経営の可能性

障がい者雇用を重視している事業所を調査分析することにより、多様な人材によって構成される職場で高生産性と働きやすさを同時に実現させるための必要条件を明らかにする。

14.沖縄島嶼部における作物の文化的伝播及び生態的比較

沖縄に赴任してから、作物や食物の中に、さまざまの形で中国大陸に相似性や共通性が持つことに驚いた。例えば、作物のなか、イモ類、野菜類、肉類、調味料や香辛料など;食べ物中、豆腐よう、ちんすこう、ムーチ、チャンブル、沖縄そばなど;その他、薬用植物・鑑賞物類、宗教用類などの比較調査研究を通じて、沖縄の人文社会の特質の理解や地域社会の振興に参考などに役立つ。

15.沖縄における法システム研究班

中央政府が策定する法およびそれを中心とした法システムは、地方においては、その想定の範囲を逸脱することがままある。日本最南端の地、沖縄においては、こうした問題がどのような形で顕現しているのかを分析する。

16.小地域(自治会)における住民主体の支え委員会(福祉コミュニティ)の構築とその人材研修について

国が進めている「我が事・丸ごと」地域共生社会の沖縄における具体的展開として、自治公民館での支え合い委員会(福祉コミュニティ)の組織化とその人材養成研修プログラムの構築が重要である。その養成プログラムの構築と講師養成を取り組んでいく。

 

2019年度 全学研究プロジェクト班一覧(旧ブランディング班)

1.与那国島を中心とした、子どもの貧困、とりわけ、社会保障制度・医療供給体制・(精神保健)福祉とのかかわりあいに関する総合的研究

日本の最西端にある与那国島は台湾や中国に近接しており、ダイバーにとっては「海底遺跡」の名で知られることなどから、観光地としての認知度は高いものの、旅行者は多くない。近年の国際情勢の変化によって、与那国島は日本の安全保障や対外関係において重要な位置可能性が増している。本研究班は、これまで、纏まった研究がなされてこなかった、「沖縄」の離島、とりわけ与那国島を考察対象として、子どもの貧困、とりわけ、その社会保障制度・医療供給体制・(精神保健)福祉とのかかわりあいとこれに関連して、自衛隊駐屯が地域住民に与えるインパクトを学際的視点から総合的な研究を行う。

2.『沖縄における「子どもの貧困」「若者の貧困」「大人の貧困」「下流老人問題」の法政策的検討』

子どもの貧困問題の多くには、同居する親等の家族を含む世帯としての貧困があるが、その場限りの問題解決が講ぜられ、その行きつく先の「大人の世界」が貧困であるならば問題の先延ばしである。本研究班では、沖縄の大人(親)の貧困問題が根源となって、全世代にわたる貧困問題に波及している現状に鑑みて、その労働条件改善に向けた実効性確保と労働運動活性化に向けた提言を取りまとめる。

3.学力向上を目指す学校と地域の連携に関する一考察 -竹富町内の離島の小中学校の場合を中心に-

竹富町は、全国学力テストにおいて、小中学の全科目において、全国の平均正答率よりも上回っている。その背景には、授業のなかで分からない子どもがいる場合は、授業のなかで分からせるような個別指導と、それだけでは不十分な場合には放課後補習と称する個別指導を行っている。少人数教育の利点を活かした個別指導の重視、及び地域住民の支援による行事の推進や、自然や産業や伝統芸能との触れ合いを意識した総合学習の展開などが、活用力という学力の形成に繋がっているように思われる。ここから、沖縄県の学力向上の取り組みについて教訓を引き出せると考える。

4.沖縄県における子どもの貧困と食生活の実態~食格差および健康格差を是正しうる学校給食の可能性を探る~

本研究では、沖縄県の子どもの貧困と食生活および健康状態との関連を検討する。また、学校給食による栄養摂取が子どもの食格差に対しどの程度寄与しているかを調査し、子どもの貧困に対する給食の意義を明らかにする。

5.沖縄県の基礎自治体における子どもの貧困対策の生成と展開に関する研究

沖縄県内の基礎自治体における、子どもの貧困対策の展開を調査する。その中には、これまでブランディング事業でそのあり方を研究した居場所等に対する支援なども含まれる。全国規模の調査とするための礎とする。